坂村真民先生の心に響く言葉

生き方


いまなお多くの人の
心のよりどころとなっている
坂村真民先生の数々。

真民先生もまた、
月刊誌『致知』にとっていまも
大きな存在でいらっしゃいます

本日は、
そんな真民先生の詩の中から
5つを選びました

一つでも、皆さんの心に
響くものがあればと思います



****************************************

坂村真民先生の心に響く言葉

坂村 真民(仏教詩人)

※『坂村真民一日一言』(致知出版社)
****************************************


¥1,234
Amazon.co.jp


【4月17日】──────

かすかな
光であっても
ちいさい
花であっても
自分のものであれば
最高であり
最大である



【6月24日】──────

生きていればこそ
会えないひとにも会え
ふしぎな契(ちぎ)りを
結ばせていただき
こんな嬉しいことはない



【8月30日】──────

美しい花より
よい香りを持つ
花がいい

美しい人より
よい性質の
人がいい



【11月1日】──────

悲しいことは
風と共に
消えてゆけ
嬉しいことは
潮(うしお)のように
響かせよ



【6月17日】──────

最高の人というのは
この世の生を
精いっぱい
力いっぱい
命いっぱい
生きた人




坂村真民一日一言/致知出版社
¥1,234
Amazon.co.jp



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


『致知』2月号のテーマは

「一生一事一貫」


「一筋の道を歩み続けて」

 今田洋輔 (「銀座久兵衛」2代目店主)
        &
 早乙女哲哉 (天ぷら「みかわ是山居」主人)
  ・  ・  ・  ・  ・
 「銀座久兵衛」「みかわ」

 当代一流の寿司天ぷらの名店。

 その暖簾を守り続けてきた
 今田洋輔さんと早乙女哲哉さんに、
 一つ事に懸ける思いを語り合って
 いただきました!



 『致知』のお申し込みはこちらから
   
     ↓   ↓  

致知出版社編集部ブログ



”『致知』を1年間、お届けします



  公式HPはこちら

今年も一年、よろしくお願いいたします