不幸が多いほど幸せもある


  おはようございます
  ブログ担当の河合です。

  本日は、『致知』12月号特集テーマ
  「人間という奇跡を生きる」
に関して、
  
知的障碍のある長男の誕生、
  ご主人の死、ご自身の大病という
  度重なる試練をくぐり抜けてきた
  岸田ひろ実さん(ミライロ所属講師)
  
心に響く言葉をご紹介いたします

   * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - *


私たちはこの世界で奇跡的に出会い
人生をともにしていきます。

それは不思議としか表現できませんが、
私の人生を振り返ると、
どんな不幸なことも、どんなハッピーなことも
奇跡ではなくすべて必然だった気がします。

不幸と思えることが多ければ多いほど、
ハッピーなことが必ずあります


もちろんそれをハッピーに感じるかどうかは
その人次第
なのですが、
そのことはぜひお伝えしたいですね。



   * - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - *

   人生を振り返り、「いまが一番幸せ」と語る
   笑顔が
底抜けに明るい岸田さんのように、

   どんなときもポジティブに過ごしていくことが
   大切だと感じられます。


  『致知』最新号の詳細は こちらから! 


    *********************************

 

    >> 定期購読のお申し込みはこちら 
    >>  公式HPはこちら


       *********************************