三宅義行さんが語る伸びる選手の条件


娘さんである三宅宏美さんを
メダリストにまで育て上げた
父・三宅義行さんが語る、
伸びる選手の条件とは?

───────「今日の注目の人」───

三宅 義行(日本ウエイトリフティング協会会長)
   ×
三宅 宏美(重量挙げ女子日本代表)

※『致知』2017年7月号【最新号】
※特集「師と弟子」P54

───────────────────

──これまで何百人もの
  選手を見てこられた中で、
  伸びていく人に共通するものは
  何だと感じられていますか。


【義行】
それはね、目標が高くて、
素直さと謙虚さを
持っている選手ですね。

高い目標を本気で目指していれば、
常に練習を中心にして
物事を考えるようになり、
いかなる時も練習から
逃げなくなります。

また、日々の練習もただ
決められたとおりにやるのではなく、
その中で創意工夫を
重ねていくようになるんです。

その上で、目標を口にすること。

これはとても大事な
要素だと思います。

義行さん

全日本で優勝する、
日本新記録を出す、
オリンピックでメダルを獲ると
目標を周りに言うことによって、
頑張らなきゃと自分に
プレッシャーをかける。


──高い目標を立て、
  それを公言することで、
  あえて自分自身を追い込んでいくと。


【義行】
有言実行、言行一致
ということですよね。

言ったことをやらずに、

「何だおまえ、
 できなかったじゃないか」

って周りに言われて、
笑ってごまかすような
レベルの選手は強くなりません。

言った以上は
責任が伴うわけですから、

「おまえはちゃんと
 言ったことをやるね」

と言われるように努力していく。

そういう自分に対しての
厳しさを持っている人間は
間違いなく伸びていきますね。




※父と娘の二人三脚でメダルを
 掴んだ執念の歩みは
 本誌でお楽しみください。