一文字一文字が神々しい本

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃致知出版社の「人間力メルマガ」 2015.10.2 (Fri)┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



創刊37周年の記念号となった
『致知』10月号総リードにも取り上げられ、
話題となった伊與田覺氏による
『愛蔵版「仮名論語」』


今年6月の発売以来、素読用の決定版として、
また、お子様やお孫様、社員様への贈り物としても
大変喜ばれています

一家に一冊、一社に一冊、
ぜひ座右に置いてお役立てください

本書刊行のいきさつ
が綴られた
『致知』10月号総リードの一部を紹介します


香を焚き、一字一字に祈りを込めて書き上げられた
『論語』の魅力を、ぜひ皆さまも
味わっていただけましたら幸いです




―――――――――――――――――――


 「一家に一冊、一社に一冊
                  
         永久保存版『愛蔵版「仮名論語」』
               
               
永久保存版『愛蔵版「仮名論語」』

             詳しくは=> こちら!

―――――――――――――――――――



伊與田覺氏のご労作『仮名論語』の愛蔵版を、
このほど弊社より出版した。

七歳から百歳になる今日まで九十三年
毎日『論語』を一章ずつ読み続けている氏からは、
先哲遺訓に学ぶ姿勢を身をもって教わった。

永年師と仰いできた安岡正篤師が八十六歳で亡くなったのは、
伊與田氏六十七歳の時。

師を失い、次第に立つ気力をなくしていく自分を、
氏はどうすることもできなかった。

翌年、安岡師一周忌の席で新井正明氏
(関西師友協会会長・故人)が
『論語』の一節を引用して挨拶を述べた。

伊與田氏はこれに非常な衝撃を受けた。

その一節とは――。


「子曰わく、力足らざる者は中道にして廢(はい)す。
 今女(いまなんじ)は畫(かぎ)れり」


(力のない者は中途で倒れる。
 お前はやりもしないで、自分でできないと言っているだけだ)



これが頂門の一針となった。

伊與田氏は『論語』全文に仮名をつけて浄書することを決意。

香を焚き、一字一字に祈りを込めて書き上げたのが
『仮名論語』である。


真に先哲の遺訓に学ぶなら、
人は七十歳からでも新たな人生をスタートさせることができる。
伊與田氏の人生はそのことを私たちに教えてくれている。


その伊與田氏の言葉。


「自己自身を修めるにはあまり効果を期待せず、
 静々と人知れずやられるといい。
 それを三十年、四十年とずっと続けていくと、
 風格というものができてくる」


こうも言う。


「西洋の老いは悲惨さがつきまといますが、
 東洋的な老いは人間完成に向けた熟成期なのです。
 年をとるほど立派になり、息をひきとる時に
 もっともすぐれた品格を備える。
 そういう人生でありたいものです」



九十余年、先哲の遺訓を噛みしめ、
自省自修してきた人の言葉には人を奮起させる力がある。



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚

  最新号のテーマは
   「遠慮ー―遠きを慮る」

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら