パラリンピック銀メダリストを奮い立たせた全盲の鍼灸師の言葉

最新号の注目記事

2016年に開催されたリオデジャネイロパラリンピックで初めて正式種目に採用された女子ブラインドマラソンで見事銀メダルを獲得した道下美里さん。どんな逆境に遭っても、決して諦めることなく立ち向かってきたその姿に、いまたくさんのエールが送られています。

右目に次いで左目にも異変が……

道下さんが初めて目に違和感を覚えたのは、小学校4年生の時だったといいます。

「初めて右目に異変が見つかったのは、小学四年生のこと。その後、原因も分からぬままに視力は徐々に落ち、中学2年生の頃には0・1に。医師の勧めに応じて行った数度の手術も空しく、右目は完全に光を失ってしまったのです。それでも左目を頼みに高校、短大を卒業した後に、働きながら調理師免許を取得したのは、将来、レストラン経営を夢見ていたからでした」

しかし、残された左の目にも病魔が忍び寄ってきます。

「残された左目に、右目と同じ異変が見つかったのは20代も半ばに差しかかった頃でした。すぐに医師の診断のもと手術に臨んだものの、術後に目を開くと、擦りガラスをとおして見るような状態になってしまったのです。

完全に光を失ったわけではありませんが、そうなっては一人で外出することもままなりません。未来に希望を描くこともできず、自分が生きている意味を一人自問自答する日が続きました」

「耐えるもの必ず志を得る」

母親の勧めで入学を決めたのが、同じ境遇の人たちが通う盲学校でした。最初は不安でいっぱいだった道下さんでしたが、その不安だった心を元気にしてくれたのが学校にいた仲間たちだったのです。

「周囲の人たちとうまく関係を築いている盲学校の仲間から学ぶ中で克服できたことも多くありましたが、自分に素直になれたことで人間関係に悩むことも徐々になくなったように思います。

一方、チャレンジ精神旺盛な仲間たちに刺激され、スキューバダイビングなど新しいことにも挑戦しました。あれもできない、これもできないと失うことばかりだった青春時代を過ごしてきただけに、盲学校に入ってからの3年間は、何かを取り戻そうと必死だった自分がいたのです」

盲学校で陸上競技を始めた道下さんは、どんどん実力をつけ、遂にはフルマラソンにチャレンジ。遂にはパラリンピックの舞台に立てるまでになられたのでした。そんな道下さんの心の支えになっている言葉が「耐えるもの必ず志を得る」でした。

「盲学校を卒業後に勤めた鍼灸院に西森芳夫院長という全盲の方がいらっしゃいました。かつて戦場で爆雷にあって視力を失い、戦後の動乱期におけるどんな逆境にも耐え抜く中で、鍼灸師という道を一心に歩んできた先生です。

御年90にしてなお意気軒昂でいらした西森先生に教わったのが、『耐えるもの必ず志を得る』という言葉でした。どんな逆境に遭っても、投げ出さずに耐え忍べば、必ずその先に光が見えてくる――。

障碍者にとっての日常は、耐えることの連続です。その中にあって何があろうと、時を待てるようになったのはこの言葉のおかげでした」

道下さんの直向きな歩みに、どんな逆境に遭っても、決して諦めることなく、前を向いて歩き続けることの大切さを教えられます。

(本記事は『致知』2018年5月号連載「致知随想」をもとに再編集したものです)

【著者紹介】

◇道下美里(みちした・みさと)

━━━━━━━━━━━━━━━━

1977年山口県生まれ。25歳で視力が0.01以下になり、山口県立盲学校(現・山口県立下関南総合支援学校)に入学。在学中に陸上に取り組み始め、2006年ジャパンパラリンピック視覚障がいT12部門の800メートル走と1500走で日本記録を樹立。2008年第1回下関海響マラソンを皮切りに、フルマラソンに転身。2016年リオデジャネイロパラリンピック女子視覚障がい者マラソンで銀メダルを獲得。

☆月刊『致知』最新号の内容はこちらから