ノーベル賞受賞者の頭の中


↑ あなたの人間力を高める ↑
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.12.3


近年、日本人が次々とノーベル賞を
受賞していますが、そういう方々は
日頃からいったいとんなことを
考えているのでしょうか。

本日は最新号から
平成22年にノーベル化学賞を受賞された
米パデュー大学特別教授・根岸英一さんの
発見に至る思考のプロセスに迫ります。

────────[今日の注目の人]───

☆ ノーベル賞受賞者の頭の中 ☆

根岸 英一(米パデュー大学特別教授)

※『致知』2017年1月号【最新号】
※特集「青雲の志」P10

───────────────────

──新しい研究に取り組まれる際に、
  心掛けておられることはありますか。


「発見に至るプロセス」
というものを考えていて、
それに則って研究を進めています。


──発見に至るプロセス?


まず出発点にあるのが、
こういうものが欲しいとか、
こうなったらいいなという
「ニーズ」や「願望」です。

セレンディピティー
(思いがけない偶然の発見)
というのも確かにありますが、
そればかりに頼ってはいけません。


次に、そのニーズや願望を
達成するために作戦を練ります。

そしてこの作戦でいこうと決めたら、
それに沿う方向で
「系統だった探究」を始める。

この系統だった探究というのが
実は非常に難物で、これでいいのか、
間違っているかもしれないと
思う瞬間が何度もあるんですよ。

失敗が続くと、こんなことを
やっていてもムダかもしれないと
思うことだってあります。


──あぁ、分かるような気がします。


そんな時に大事なことは、

「いや、自分は絶対に屈しない。
 これでいくんだ」

と思い続けられるかどうか、です。


そう思い続けるには……



※根岸さんの研究者としての歩みは、
 本誌で7ページにわたってたっぷりと
 お話しいただきました。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら