エルトゥールル号の真実


☆ あなたの人間力を高める ☆
───────────────
致知出版社の「人間力メルマガ」 2016.8.11


1890年に起きた海難事故。
それきっかけに日本とトルコは
深い絆で結ばれました。

その発端となった
エルトゥールル号事件とは──。

────────[今日の注目の人]───

☆ エルトゥールル号の真実 ☆

西廣 真治(和歌山県倫理法人会会長)

※『致知』2016年9月号【最新号】
※特集「恩を知り 恩に報いる」P30

───────────────────

「終」の字幕が出て、
映画『海難1890』は終わりました。

照明がついて明るくなった
場内にざわめきが膨らみます。

知り合いが寄ってきて握手を求めます。

よかったよ。
素晴らしい映画だ。
おめでとう。

投げかけられる言葉に応えながら、
私の胸に熱く確かな
思いが渦巻いていました。

映画の感動もさることながら、
この作品を生み出すに至った経緯、
その中で紡ぎ出された
縁の素晴らしさが私を満たすのです。

縁。真心。そして、恩。

これらの言葉が私の中に
根づいてきているのを感じます。

映画はこれらの
結晶だと言えるでしょう。


これらの言葉を一人ひとりが
しっかりと抱きしめている限り、
人間はもっともっと素晴らしくなれる──。

その確信がいま、
私を突き動かしているのです。
 


話は一気に126年前に遡ります。

明治23(1890)年、当時オスマン帝国だった
トルコから約600名の使節団を乗せた
木造軍艦エルトゥールル号が来日しました。

団長のパシャ提督は明治天皇に拝謁、
携えてきたトルコ皇帝の親書と
トルコ国最高勲章、贈答品を献上します。

明治天皇はこれを歓迎、
晩餐会を催されました。


実はその3年前、明治天皇の伯父に
当たる小松宮彰仁親王がヨーロッパを
歴訪した際にトルコを訪問、
心のこもった歓待を受けました。

これを知った明治天皇が
トルコ皇帝に礼状と最高勲章の
大勲位菊花大綬章を贈られました。

トルコ使節団の来日はその答礼だったのです。

さて、手厚いもてなしを受けた
使節団を乗せ、エルトゥールル号は
9月15日に帰途に就きます。

ところが台風の季節です。

海は大荒れ。翌16日夜、
紀伊半島沖に差しかかった
エルトゥールル号は……



※続きは本誌でお楽しみください!