あなたは知っていますか? 国民に伝えられない中国の脅威

生き方


中国の脅威と言えば、
尖閣諸島問題などが思い浮かびますが、
事態はそれだけはありません。

ところが、
中国の大胆な活動も国内メディアは
ほとんどといっていいほど取り上げていないと
ジャーリスト櫻井よしこさんは言います


みなさんは迫りくる中国の脅威について
どこまでご存じですか
!!

 
―――――――――――――――――――



「国民に伝えられない
中国の脅威


        櫻井よしこ(ジャーナリスト)
×
中西輝政(京都大学名誉教授)




  ? ?   

 

?

 

?
『致知』2015年11月号

 

         特集「遠慮」より
―――――――――――――――――――



【櫻井】

中国の脅威をなぜもっとリアルに、

分かるように国民に伝えないのかと、

安保法案が衆議院で議論されていた時は疑問でした。



例えば、中国は東シナ海に新しい

プラットホームを12個もつくってしまいました。


経済目的に加えて軍事目的があることは明らかで、

南シナ海の埋め立てが急加速したのとほぼ同じ時期です。


アメリカが軍事的な行動に

出てこないと見たから埋め立てを加速し、

他国の領土を侵食しているわけです。



【中西】

櫻井先生がそれを初めて新聞に公開されたのは、

大変大きな意味がありましたね。



【櫻井】

私の取材では、防衛省は中国が東シナ海に

次々と建設しているプラットホームの

写真を出したかったと思います。


ところが外務省が抑える側に回っていた。


日本の偵察能力が分かってしまうという理由で

自衛隊が反対したという情報が流れました。


私はその説明に疑問を抱いています。



むしろ私の疑問は、なぜ外務省は写真の公開を

阻止するのかという点であり続けています。

?

彼らは中国との交渉に進展があると考えて、

中国を刺激しないように、

東シナ海のことを出さなかったのではないか、

そのように私は推測しています。


そこに安倍総理も巻き込まれているとしたら問題です。



【中西】

だから安保法案の国会審議も、

中国の脅威を最初に言っておけば、

あんなにもたつくことはなかったはずです。


ところが


「総理、国会答弁では中国の脅威なんて

 言わないでくださいね。

 いま日中関係を修復している時ですから」


と、安倍政権をがんじがらめにしているのが、

官邸の中のNSC(国家安全保障会議)の

事務局を中心とする外務省閥だと私は思いますね。



【櫻井】

外務省主導のこのところの日本の外交は、

いったい何において成功したでしょうか。


……




※日本を取り巻く国際情勢を踏まえ、

 我が国はいかに舵取りをすればよいのか――。


 国際情勢を知る尽くしたお二人が語る

 対談「リーダーは遠きを慮れ」

 続きは最新号のP8をご覧ください。

  11号のテーマは
???「遠慮ー―遠きを慮る」

『致知』のご購読は?こちらから 



⇒月刊誌『致知』の定期購読のお申込みはこちら
⇒致知出版社の公式HPはこちら