あなたの飲み込む力は大丈夫?

健康

最近、食事の最中に「むせる」「咳き込む」なんて
ことはありませんか? もしかしたらそれは、喉の衰えによる
老化のサインかもしれません。


西山 耕一郎(耳鼻咽喉科・気管食道科専門医)

───────────────────
※『致知』2018年2月号【最新号】
※連載「大自然と体心」P134
───────────────────

日本人の死因のトップ3をご存じでしょうか?

1位がん、2位心臓疾患(主に心筋梗塞)、
3位脳血管性疾患(主に脳卒中)というのが、長年の定番でした。

ところが、平成23年に異変が起こりました。
肺炎による死亡者数が、脳血管性疾患に替わり第3位に躍り出て、
いまもなおその座をキープしているのです。

なぜ、肺炎による死亡者がこんなに増えているのでしょうか。
それは「誤嚥性肺炎」によって命を落とす高齢者が多くなっているからです。

誤嚥とは、食べた物が食道ではなく気管や肺へ入って炎症を起こすことです。

加齢とともに飲み込む力が衰えて誤嚥が起こり、
肺炎をこじらせて亡くなるケースが非常に増えているのです。

自分はまだ若いから関係ないという方も、安心はできません。
飲み込む力は、実は40代、50代から徐々に低下しています。
中には30代から誤嚥が始まっているという報告もあり、
嚥下機能は高齢になってから急に衰えるわけではないのです。

以下の項目に心当たりはありませんか?

・最近、食事中によくむせるようになった
・食後、ガラガラ声になることがある
・薬やサプリメントなど、大きな錠剤を飲みづらくなった
・時々、自分の唾液で咳き込むことがある
・以前よりも食事に時間がかかるようになった
・食後に痰が増える

少しでも心当たりのある方は、
飲み込む力が衰えつつある可能性があります。



しかしご安心ください。飲み込む力は、鍛えることができます。

私は、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の医師として30年にわたり診療を続け、
約1万人の嚥下障害の患者さんを診てきました。

嚥下のトラブルを抱えて訪れる患者さんは、
だいたい70代、80代のお年寄りが中心で、
中には飲み込む力がかなり低下し、
食べられなくなる寸前に至っている方もいらっしゃいます。

しかしそういう方々も、必要な治療を施し、
トレーニングを実践していただければ、
飲み込む力を回復することができることもあります。

以前とは見違えるように元気になり、
寿命が延びた方もたくさんいらっしゃるのです。

健康長寿を実現するためには、
足腰の筋力や血管の健康を保つことももちろん大切です。

しかしそれ以上に大事なのは、
食べ物を飲み込む力、嚥下機能だと私は考えます。
飲み込み力をどれだけキープできるかが、
あなたの寿命を大きく左右するのです。

───────────────────
◆『致知』では毎号、気になる健康法もご紹介!◆
人間学誌『致知』のお申し込みはこちら
https://www.chichi.co.jp/koudoku

1年間だけ購読する場合 ⇒ 10,300円(税&送料込み)
3年間続けて読む場合 ⇒ 27,800円(税&送料込み)