あなたの平熱は何度? 体温は健康のバロメーター

生き方


平熱と健康との間にある密接な関係
ご存じでしょうか??

そしてこの半世紀、
日本人の平均体温は下がり続けているといいます

低体温がもたらす健康上の問題とは――



―――――――――――――――――――


「体温は健康のバロメーター」
                  
        吉村尚美(クリニック真健庵院長)
         
    
        
『致知』2015年12月号
         特集「人間という奇跡を生きる」より

―――――――――――――――――――




そこで大事なことは「平熱三十七度」です。

人間が生命活動を維持するために重要な酵素は、
三十七度で最も活性化するといわれています。

また、ほとんどの病原菌が三十七度の体温では
死滅することも分かっているんです。


ところが、最近では平熱が三十六度を
下回る低体温の人が非常に多くなりました。

これは数字を見れば一目瞭然で、
1957年の統計で三六・八九度だった
日本人の平均体温は、いま三六・二〇度。


半世紀で約〇・七度も下がっているんですね。


体温が一度下がると体の免疫力は
三割低下するといわれていますから、
〇・七度という数字は決して小さくはありません。


――病気と体温が密接な関係にあるというのは、
  初めて知りました。


がん細胞は低温を好む性質があって、
特に活発に増えるのが三十五度前後、
逆に四十二度以上の熱で死滅することが
明らかになってきています。

(略)

――なぜ日本人の平均体温は下がってしまったのでしょうか。



それには三つ原因があって、一つは……





いかにして低体温の体質から脱すればよいのか。
 続きは最新号P44ページをご一読ください
 



∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


  最新号のテーマは
    「人間という奇跡を生きる」
 
  12月号の中には、
  素敵な写真がたくさん鏤められています

  ぜひご覧くださいませ


『致知』最新号の詳細は こちらから! 



⇒月刊誌『致知』の定期購読のお申込みはこちら

⇒致知出版社の公式HPはこちら