【締切まであと3日!】成果をあげる人の2つの習慣

仕事論

※新春お年玉キャンペーン開催中!
 ≪豪華ダブル特典付≫
⇒ https://www.chichi.co.jp/kiji/2017ny/ent_nr.html



* あなたの人間力をグンと高める *
───────────────
致知出版社の《人間力メルマガ》 2017.1.5


凡事徹底。

日本を美しくする会相談役の
鍵山秀三郎さんを象徴する
言葉といってもよいでしょう。

そんな鍵山さんの講演録を収めた
『凡事徹底』は、20年前に
発刊されたにもかかわらず、いまも
その内容は色褪せることがありません。

本日は新春お年玉キャンペーンの
特典対象でもある『凡事徹底』から、
そのエッセンスをお届けします!

───────────────────
 『凡事徹底』 鍵山秀三郎・著
───────────────────

世の中で、皆さまはそれぞれに
努力をしていらっしゃるのですが、
一生懸命仕事をされても、
成果をあげられる人、
あげられない人の両方があります。

成果をあげられる人をA、
あげられない人をBとすると、
Bの人は怠けて遊んでいるか
というとそうではなく、
むしろBの人のほうが
Aの人よりも一生懸命、
長い時間休まないで働いている
ことのほうが多いのですが、
結果を見ると、成果につながらない
人がわりあい多いのです。


どういうところから
これがくるかというと、
Bの人はやることなすことに
無駄が多く、やってもやっても
エネルギーが無駄に流れてしまって
成果につながらないわけです。

無駄が多いということは、
例えば、自分の手元にある
商品の価値がわからない、
そのものの持っている
命がわからないから、
自分の手の中にある商品の魅力を
見いだすことができなくて、
たえず目がよそへ散ってしまう
ことが多いということです。

当然、Aの人は無駄がない、
あるいは、無駄が少ない
ということになるわけです。


それでは、どうしたら無駄が
少なくなるかということですが、当然、
いつもこういうことに気をつけて、
気づく人になることです。

これは当たり前のことで、
わかっていることですが、
気づく人になかなかなれない。

なろうと思って
なれるものではありません。

どうしたら気づく人になれるかというと、
私はいつも気づく人になる方法を
二つお話ししています。


一つは、微差、あるいは僅差の
二つをいつも追求し続けることです。

普通、わずかな差だとつい
バカにしてしまうのですが、
例えば…


(中略)


気づく人になるもう一つの条件は、
「人を喜ばす」ことです。

微差、僅差の追求よりも
こちらのほうが大きな要素
だと思いますが、
たえず人を喜ばせる気持ちで
物事をやる、人生を送る、
毎日を送るということです。

これを続けて一年たてば、
本当に人が変わるぐらい
気づく人間に変わってしまいます。

これをやっていますと…



……成果を上げる人になるための
  具体的な取り組み方のみならず、
  人生を成功に導く教えの続きは
  ぜひ本書をお読みになってください。



───────────────────

   『凡事徹底』がもらえる!
 ■2017年 新春お年玉キャンペーン■
⇒ https://www.chichi.co.jp/kiji/2017ny/ent_nr.html

 1/7(土) 23時59分までの限定企画
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
───────────────────


期間中に、月刊誌『致知』の定期購読を、
「新規」でお申し込みいただいた皆さま
全員への「ダウンロード特典」の他、
以下の3点よりご希望の1点を 
もれなく全員にプレゼントします。


1.『凡事徹底』(鍵山秀三郎・著)

2.『平澤興一日一言』(平澤興・著)

3.『小さな経営論』(藤尾秀昭・著)




新しい年を月刊『致知』とともに
───────────────────
■ 人間力、仕事力を高める2017年に ■
───────────────────

いますぐ定期購読を申し込む
⇒ https://www.chichi.co.jp/kiji/2017ny/ent_nr.html

※お申し込み動機の欄には
「③人間力メルマガを読んで」
 を選択してください

■ まずは1年間だけ購読する!
 ⇒ 10,300円(税&送料込み)

■ 一気に3年間続けて読む! 
 ⇒ 27,800円(税&送料込み)