2016年4月号 | 致知出版社 公式サイト

致知出版社|人間学を探求して35年

オンラインショップ

致知お申込み

PHOTO

2016年4月号
特 集夷険一節

今月号のお試し読みはこちら

定期購読についてはこちら

目次

巻頭の言葉
「本を務める」伊與田覺(論語普及会学監)

特集

夷険一節

PHOTO

対談 喜怒哀楽の人生を生きる

船村 徹  (作曲家)
村上和雄(筑波大学名誉教授)


PHOTO

対談 武家の祖母から学んだ人生訓

松平洋史子(葵パール社長)
石川真理子(作家)



PHOTO

インタビュー どんな境遇の子も見捨てない

谷口仁史(NPOスチューデント・サポート・フェイス代表理事)


インタビュー 飽くなき理想土の追求が山間の温泉宿を変えた

金井辰巳(花仙庵 仙仁温泉 岩の湯社長)


インタビュー いま、この瞬間を喜びに生きる

荒 美有紀(東京盲ろう者友の会理事)


PHOTO

不屈の人 チャーチルに学ぶ

中西輝政(京都大学名誉教授)


対談 一節を貫くところに強い信頼が生まれる

石浦外喜義(鳥取城北高等学校校長 相撲部総監督)
三輪 光(兵庫県立飾磨工業高等学校主幹教諭 柔道部監督)


PHOTO

対談 明日に託す思い

鍵山秀三郎(日本を美しくする会相談役)
上甲 晃   (志ネットワーク代表)


好評連載

第一線で活躍する女性

「世界は広くていろんな機会に満ち溢れている」 石倉洋子(一橋大学名誉教授)


二十代をどう生きるか

「腑に落ちた知識は、絶対に自分を裏切らない」 佐々木隆(ジェイティービー相談役)


生涯現役

「人との輪が仕事をつくる」 城戸崎 愛(料理研究家)


人生を照らす言葉

「サン=テグジュペリ『星の王子さま』」 鈴木秀子(国際コミュニオン学会名誉会長)


親子で読む孔子の人生

「 孔子から最も愛された顔回」 安岡定子(こども論語塾講師)


禅語に学ぶ

「水流れて元海に入る」 横田南嶺(円覚寺管長)   


意見・判断

「洪水災害への備えは国家百年の計」 山田 正(中央大学理工学部教授)


日本の教育を取り戻す

「大計のない「主権者教育」」 占部賢志(中村学園大学教授)


歴史の教訓

「情報発信機関の立ち上げを急がなくてはいけない」 渡部昇一(上智大学名誉教授)


大自然と体心

「親ゆびを刺激して元気脳をつくる」 長谷川嘉哉(認知症専門医)


干支九星学

井上象英


小説・荻生徂徠

童門冬二(作家)


致知随想

福嶋正信         大輔が遺したメッセージ
ブロンデット加奈子     苦労のない人生は価値がない
東 宗謙         和太鼓の新たな可能性を開く
稲垣麻由美         戦争と恋文、いま伝えたい願い
上山忠男           師 魂
佐田展隆         茨の道を笑顔で立ち向かう


新春特別講演会グラビア


「致知と私」読者から寄せられたお手紙
『心に響く小さな5つの物語』ニュース
 致知出版社ニュース
 こまく・読者プレゼント・BOOKS[書評]


まんが〈うちの社長の器学〉

神保あつし


木鶏クラブ通信


PAGE TOP

ピックアップ

「喜怒哀楽の人生を生きる」

船村 徹 (作曲家)
村上和雄(筑波大学名誉教授)


PHOTO

現役作曲家として日本の情緒を紡ぎ出す演歌をいまなお生み出し続ける船村徹氏、83歳。「王将」「なみだの船」「矢切の渡し」など数々の名曲を筆頭に、旺盛な創作活動によって積み上げてきた曲は五千曲を超える。17歳で作曲家を志し、日本の歌謡界を長年牽引してきた。その人生には平らかな道も険しい道中もあった。その歩みを筑波大学名誉教授の村上和雄氏に伺っていただいた。

「武家の祖母から学んだ人生訓」

松平洋史子(葵パール社長)
石川真理子(作家)


PHOTO

社会の激しい変化に伴い、日本人の心の拠り所となっていた先人の尊い教えが失われつつある。水戸徳川家の流れを汲む松平洋史子氏と、米沢藩士の血を引く石川真理子氏に、各々の祖母の教えを交えて、現代にも通ずる人生をしなやかに歩んでいくための生き方について語り合っていただいた。

「日本最古の兵書『闘戦経』に学ぶ~日本人の闘い方~」

齋藤 孝(明治大学教授)


PHOTO

日本最古の兵書といわれる『闘戦経』。900年以上前から伝わる本書には、日本人が古来重んじてきた心構えや人生を生きる指針が説かれており、その教えはそのまま現代ビジネス社会にも通じると齋藤孝氏は言う。本書が説く勝ち戦の原理原則とは何か。このほど本書を紐解いた『日本人の闘い方』を上梓した氏に、そのエッセンスを語っていただいた。

「どんな境遇の子も見捨てない」

谷口仁史(NPOスチューデント・サポート・フェイス代表理事)


PHOTO

引きこもりや不登校、家庭内暴力、虐待、非行、自殺未遂など、心に闇を抱える子どもたちに寄り添い続ける一人の若きリーダーがいる。NPOスチューデント・サポート・フェイス代表理事の谷口仁史氏、39歳。アウトリーチと呼ばれる訪問支援の達人だ。幾多の修羅場を乗り越え、7000人以上の子どもたちを社会復帰へと導いてきたその道のりを伺った。

「不屈の人 チャーチルに学ぶ」

中西輝政(京都大学名誉教授)


PHOTO

イギリスの英雄にして世界的政治家、ウィンストン・チャーチル。存亡の機に瀕した国家を支え、勝利をもたらした彼の強固な信念は、いかに生み出されたのだろうか。中西輝政氏に、この希有なるリーダーの知られざる実像と、節を曲げない生き様を語っていただいた。

「明日に託す思い」

鍵山秀三郎(日本を美しくする会相談役)
上甲 晃   (志ネットワーク代表)


PHOTO

人の心の荒みをなくすため、55年にわたり掃除の実践を続け、世界的な運動へと発展させた鍵山秀三郎氏。その鍵山氏の薫陶を受け、自らの主宰する青年塾を通じ志の高い国づくりに奮闘する上甲晃氏。ともに実践を通じてこの国の現状をつぶさに見てきたお二人に、日本が直面する問題と、次代を担う人々に託す思いを語り合っていただいた。

もっと「致知」を知りたい方はこちらから

  • 致知とは?
  • 各界リーダーのコメント
  • 今月の致知
  • 読者からの声

Copyright 株式会社 致知出版社