10/19開催!第2回 月刊『致知』ファンミーティング

お知らせ

 

先月10/19、『致知』ファンが集い、『致知』の感動を語り合う会
\「第2回 月刊『致知』ファンミーティング」を開催しました!/

致知愛読者限定のメルマガ「おかみさん便り」にて募集し、関東近郊をはじめ、京都、兵庫にお住まいの方にもご応募いただきました。今回は抽選の結果19名の方にお越しいただきました。

本日は、その当日の様子と参加者の声をお送りします☺

 

 

◆「おもてなしお盆」

月刊『致知』ファンミーティング恒例 となりました「おもてなしお盆」。

ご参加されたお一人おひとりのお名前を書いたお祝い鶴(今回は「折り紙ペガサス」まで!)、「ありがとう」の気持ちを込め頭から尾っぽまで丹波大納言粒餡がいっぱいに詰まった桃林堂の小鯛焼、そして、華やかさには欠かせない一輪挿しでおもてなしいたしました。

お一人おひとりに思いを込めて。
おかみさん、準備中です。

◆月刊誌『致知』41年間の歩み

『致知』の41年間の歩み 「致知物語」を 、映像とともに、社員が朗読しました。

創刊当初、「こんな堅い雑誌、誰にも読まれるわけがない」と言われながらも、一貫した編集方針でこ発刊し続けてきました。決して順風満帆ではない道のりだったこの41年の歩みを、参加者の皆様と振り返りました。

この「致知物語」は小冊子になっており、『致知』をご紹介くださった方に特典としてプレゼントさせていただいています。
▶詳細・お申込みはこちら

小冊子「致知物語」(非売品)

◆参加された愛読者の皆様の「致知との出逢いや思い出」

ご参加の皆様には、事前に、「致知と私」と題して 、『致知』との出逢いや『致知』の魅力について一枚の感想文に書いて持ってきていただきました。その感想文をグループごとに共有し、それに対するフィードバックを行いました。

感想文はどれも素晴らしく、実感のこもったものでした。『致知』を愛し、人生の指針としてくださっていることがひしひしと伝わり、社員一同とても幸せを感じたひと時でした!

◆フリートーク懇親会

第1回 月刊『致知』ファンミーティングにご参加いただいた皆様からのご意見を参考に、今回は参加者全員と弊社社員との「フリートーク懇親会」の時間を設けました。

●いつも『致知』が届くとどのページから読むますか?

「まず、総リードに目を通し、目次で気になった記事から読む」
「五木寛之先生の大ファンなので、五木先生の連載「忘れ得ぬ人 忘れ得ぬ言葉」から読む」
「占い(井上象英さんの干支九星学)から開き、運勢がよいとすぐ『致知』を読む(笑)」
「旅行会社勤務なので世界情勢が気になり、中西輝政先生の連載「時流を読む」から開く」
など、いつも決まったページから読む方や、

中には、「最初から最後まで読む」という方も!
参加者お一人おひとりの環境によっても、気になる記事などが異なり、非常に興味深かったです。

 

●致知のどんなところに魅力を感じていますか?

「他の雑誌と異なり、軽薄なところが何一つない」

「致知は実践学。自分の周りには様々なお客様がいますが、『致知』の言葉を使うと相手の心にすっと入り共感してもらえる」

「悩んでいる時に読むと、解決のヒントをもらえる。困った時に助けをもらえる」

「致知は男性的。戦後、失われてしまったものがきちんとこの雑誌にある。他にいろいろ読んだがこの雑誌だけが一貫している」

など、一貫した編集方針で説く人間学や日々の生活での支えとしてお役立ていただいているそうです。

 

他にも、「『致知』へ期待したいことや要望」などの質問で、様々な意見を伺いました。皆様からのご意見はありがたく頂戴いたしまして、今後の参考にさせていただきます。

 

◆ファンミーティングに参加して

参加者の皆様からはこんなお声をいただきました。

〇『致知』を通じて、人生を大切にされている方々に出逢えて、貴重な時間となりました。ありがとうございます。人生を真剣に生きる人のエネルギーとなっている『致知』は素晴らしいです(神奈川県・三沢卓也さん)

〇致知ファンの方々の思い、致知への感想、リクエストなどが上手に引き出される有意義なミーティングでした。『致知』の中には、人生の大先輩が多く登場するのに対し、『致知』のスタッフの方々がお若いのが意外でした。スタッフの方々が全員感じがよく、お声がはっきりして若々しく素敵でした。「致知のファンである」だけで、信頼できる方々が参加しているに違いないと思い、私も参加しました。想像通りでした。今日のご縁が未来に続くことを祈ります(神奈川県・野口桂子さん)

〇フリートーク懇親会がとても和やかでした。笑いもところどころあって、共感する発信が多かったです。貴重な体験をしました(神奈川県・加藤正恭さん)

この会が参加者にとっても、弊社社員にとっても深い交流の場となったことを確信します。
今回をきっかけに、読者の皆様とより深いご縁を結んでいけたらこの上もございません。

◆今後の開催について

次回以降の開催は次の通りです。

● 2020年2月22日(土) 第3回

『致知』読者限定メルマガ「おかみさん便り」にて開催約1カ月前に随時ご案内をさせていただきます。まだご登録のない方は、ぜひご登録ください。

▷おかみさん便りの登録方法はこちら

ご愛読者の皆様との交流を社員一同楽しみにしております!

 

致知出版社
お客様係 水川朋美拝

閉じる