1978(昭和53)年、人間学を学ぶ月刊誌『致知』は呱々の声をあげました。
高度成長からバブル経済へと、経済大国への道をひた走る当時の日本。
そうした中にあって、人間の生き方を問う硬派な『致知』の内容は、
「こんな堅い雑誌を読む人はいない」と創刊当初から言われていました。

けれどもそうした中にあって、私たちが変わらず信じてきた一つの想いがありました。

「いつの時代にも、仕事にも、人生にも、真剣に生きている人はいる。
 そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう――」

創刊理念に掲げたその想いに呼応するかのように、『致知』は心ある読者の皆さまに支えられ、
10年、20年、30年、40年と発刊を重ねてきました。
いまでは、雑誌の到着を心待ちにしてくださる方が全国に11万人を数えます。

『致知』が追求するのは、いつの時代にも問われる人間の生き方です。
諸々の世界において、強く生きた人、深く生きた人、やさしく生きた人、
そういう人たちの生き方、そこから学ぶ「人間学」を追求してきました。
そしてその編集理念は、弊社が発刊する一冊一冊の書籍においても通底しています。

出版する本のすべてが「人間学」という独自の編集方針の元、
生まれてくる書籍には、何十年と読み継がれるロングセラーが多いことも特長で、
そこには時代を経ても古びない不朽のエッセンスが盛り込まれています。

いつの時代にも問われる人間の生き方を、いまほど強く求められる時はありません。
弊社が40年間にわたり追求してきた「人間学」をテーマにした出版物が、
皆さまの心の糧となり、人生や仕事のお役に立てていただけることを願ってやみません。

人間学を探究して40年。
これからも皆さまに、感謝と感動をお届けします。


40年の歴史に刻まれた10冊

①『修身教授録』

発売から30年、驚異の50刷
世代をこえて読み継がれる不朽の名著!


"国民教育の師父" と謳われた森信三先生が、大阪天王寺師範学校(現・大阪教育大学)で教鞭をとっていた時期、2年間(昭和12年~13年)にわたって行った「修身」の講義録。致知出版社から平成元年に刊行されて以来、実に50回にも及ぶ版を重ね、15万部を超えるロングセラーとなっている。
教育界のみならず、SBIホールディングス社長の北尾吉孝氏、小宮コンサルタンツ社長の小宮一慶氏など、愛読書として挙げる経営者やビジネスマンも多く、いまなお人々に感化を与え続けている。

『修身教授録』(森信三・著)
定価=本体2,300円+税

本書の詳細・購入


②『現代の覚者たち』

不易の真理に到達した現代の覚者7人の教え

森信三(哲学者)、鈴木鎮一(才能教育研究会会長)、三宅廉(パルモア病院院長)、坂村真民(仏教詩人)、関牧翁(天龍寺管長)、松野幸吉(日本ビクター相談役)、平澤興(京都大学元総長)……『致知』に掲載された、在野の哲人7人の貴重なインタビュー・対談を収録。

『現代の覚者たち』
定価=本体1,400円+税

本書の購入・詳細


③『凡事徹底』

微差の積み重ねが絶対差となる!

自転車に乗っての行商から、一代で自動車部品卸業の大手・イエローハットを築き上げた鍵山秀三郎氏。
なぜこのように企業を成長させることができたのだろうか。秘策も奇策もない。例えば掃除一つにも心を込め、人に喜ばれることを徹底する。偉大な実りはそれに尽きる。
大きな人生は実践の徹底という小さな生き方以外にはないと説く著者の語り口は、諄々として説得力に満ちている。深い人生に目覚めさせてくれる好著である。

『凡事徹底』(鍵山秀三郎・著)
定価=本体1,000円+税

本書の詳細・購入


④『生きよう今日も喜んで』

京都大学元総長・平澤興氏の不朽の名語録集

神経解剖学の世界的権威である平澤興先生は、人間と人生に透徹した目を持つ教育者としても知られている。
そんな平澤先生と知り合った関西師友協会副会長の豊田良平氏は、その人間性に深く傾倒、付き合いのなかで平澤先生の言葉を書き留めておかれた。それをまとめたのが本書である。
一気に読み通すのではなく、折に触れてページをめくり、一語一語を味わっていく。そんな読み方が心の糧となる本である。

『生きよう今日も喜んで』(平澤興・著)
定価=本体1,000円+税

本書の詳細・購入


⑤『小さな人生論』

シリーズ累計65万部突破!
生きる力になる人生論シリーズ


月刊『致知』の「特集総リード」をテーマごとに編集し、創刊25周年を機に上梓した一冊。
創刊から今日まで、一貫して「いつの時代にも、仕事にも人生にも真剣に取り組んでいる人たちの心の糧となる雑誌」を理念に創られてきた『致知』の人間学の精髄がここに集約している。
人は何のために生きるのか、どう生きたらよいのか、各人の人生へ贈る熱きメッセージ。

『小さな人生論』(藤尾秀昭・著)
定価=本体1,000円+税

本書の詳細・購入


⑥『安岡正篤一日一言』

昭和の碩学・安岡正篤実師の
膨大な著作から金言を366厳選


心に響く数多くの著作を世に残した碩学・安岡正篤師。
該博な知識に裏打ちされたその叡智はいまなお輝きを放ち、現代を生きる我々の胸に鋭く迫ってくるものがある。
国のあり方や指導者の資質といった骨太のテーマから、読書、親子、師友、健康といった身近な話題まで、多岐にわたる言葉の数々は短くも味わい深い。
安岡教学の入門書としても最適のベストセラー。

『安岡正篤一日一言』(安岡正泰・監修)
定価=本体1,143円+税

本書の詳細・購入


⑦『坂村真民一日一言』

人生で口ずさみたくなる言葉が見つかる1冊

「念ずれば花ひらく」で知られる仏教詩人・坂村真民氏。
とかく現代人は結果だけを追い求め、慌ただしい日々の中で、「思い・念・祈り」といったものを忘れてはいないだろうか。
本書は「命を生ききること」を真剣に、切実に問う。
1年366日の言葉としてまとめられた詩と文章の中に、それぞれの人生で口ずさみたくなるような言葉が溢れている。

『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)
定価=本体1,143円+税

本書の詳細・購入


⑧『心に響く小さな5つの物語』

30万もの人々が涙した、
15分で読める感動実話


多くの方々に愛読されている「小さな人生論」シリーズから、反響の大きい5編を厳選した本書。
7歳から107歳まで、あらゆる年代から感動の声が寄せられており、2014年から現在まで、1万7000冊以上がプレゼントとして贈られている。
子どもたちが「人生論」に親しむのに最高の入門書ともいえる1冊。

『心に響く小さな5つの物語』(藤尾秀昭・文、片岡鶴太郎・画)
定価=本体952円+税

本書の詳細・購入


⑨『「成功」と「失敗」の法則』

稲盛哲学のエッセンスが満載のロングセラー

成功する人間と失敗する人間の違いはどこにあるのか。
それは、「素晴らしい人生を送るための原理原則」にのっとっているか否かにある。
著者の稲盛氏は、27歳で京セラを創業、52歳で第二電電(現KDDI)を起業し、両社あわせて約5兆円の企業へと躍進させた。
数々の試練に遭いながらも、それを成長するための絶好の機会ととらえ、誠を尽くし、ひたむきに誰にも負けない努力を続けてきたのである。
稲盛哲学のエッセンスが詰まった、人生のバイブルとなる1冊。

『「成功」と「失敗」の法則』(稲盛和夫・著)
定価=本体1,000円+税

本書の詳細・購入


⑩『人生の法則』

『致知』40周年、限定出版

いま、生きる意味を問うすべての人に贈る


『致知』の特集テーマを概括する一文として紡がれてきた総リード。
いつの時代にも問われる人間の生き方から、経営、マネジメント、リーダーシップの在り方、先哲の箴言、宇宙や生命の神秘に至るまで、人間学の精髄がこの一冊に集約されています。

『人生の法則』(藤尾秀昭・著)
定価=本体10,000円+税
※9月中旬以降の発送となります

本書の詳細・購入


致知出版社が贈る、不朽のロングセラー・セット

①『森信三 幻の講話』

珠玉の150講話が蘇る。豪華新装版で登場!

"国民教育の師父" と謳われた森信三先生が70代で執筆された著作。
『修身教授録』と並ぶ代表的著作といわれ、青少年への講話集でありながら、その内容は年代を問わず「人間、いかに生きるべきか」の指針となるものばかり。
完結までに足かけ五年の歳月を費やした本書は、森先生自らが「宿命の書」と名付けたほど、特別な思いを寄せられる作品である。

『森信三 幻の講話』(森信三・著)
定価=本体10,000円+税

本書の詳細・購入


②『平澤興講話選集「生きる力」』

平澤興氏の幻の人間学講話、珠玉の82篇を収録

脳神経解剖学の世界的権威であり、第16代京都大学総長を務められた平澤興先生。
「人間には無限の可能性がある」「人間には140億個の神経細胞があるが、それを全部使い切ったものは一人もいない」
人間に秘められた大いなる力と可能性を生涯にわたり探究し続けた哲人の言葉は、今日を生きる私たちに力を与え、明日への活力を湧きたせてくれるだろう。

『平澤興講話選集「生きる力」』<全5巻>(平澤興・著)
定価=本体8,000円+税

本書の詳細・購入


③『新釈古事記伝』<全7巻>

今野華都子さんも感動!!
永久保存版!幻の名著を復刻


敗戦とともに長らく絶版となっていた阿部國治先生の『古事記』に関する著作。
阿部先生は教壇で「『古事記』と『万葉集』の解釈については、日本中の誰にも引けを取らない自信がある」と教え子たちに語ったといいます。
その遺志を継ぎ、門下の栗山要氏が平成11年より編纂。10年もの歳月をかけて出版されたのが『新釈古事記伝』全7巻です。

『新釈古事記伝』<全7巻>(阿部國治・著、栗山要・編)
定価=本体12,000円+税

本書の詳細・購入