致知出版社|人間学を探求して35年

オンラインショップ

致知お申込み

PHOTO

2014年3月号
特 集自分の城は自分で守る

今月号のお試し読みはこちら

定期購読についてはこちら

目次

巻頭の言葉
「日本の分岐点」 牛尾治朗 (ウシオ電機会長)

特集

自分の城は自分で守る

PHOTO

対談 自分の国は自分で守る

葛西敬之 (JR東海会長)
櫻井よしこ (ジャーナリスト)


PHOTO

対談 我が城はこうして守る

越智直正 (タビオ会長)
貞末良雄 (メーカーズシャツ鎌倉会長)


柳生新陰流に学ぶ我に打ち克つ生き方

柳生耕一平厳信 (柳生新陰流兵法第二十二世宗家)


インタビュー

1.地域の活性化が鐵道を生かす
樺澤 豊(わたらせ渓谷鐵道社長)

2.どんなハンディを負っても「自分の人生は、自分持ち」
岩本良子(アイ インターナショナル社長)

3.生かされていることに気づかされて~私はこうして薬物中毒を克服した~
長原和宣(長原配送社長)


PHOTO

対談 自分の健康は自分で守る

吉丸房江 (健康道場コスモポート主宰)
坂田道信 (ハガキ道伝道者)


PHOTO

対談 出光佐三に学ぶもの

北尾吉孝 (SBIホールディングス社長)
北 康利 (作家)


好評連載

私の座右銘

佐藤義雄 (住友生命保険社長)


第一線で活躍する女性

清村千鶴 (ファイザー株式会社執行役員 エスタブリッシュ医薬品事業部 営業統括部本部長)


二十代をどう生きるか 40

大地康雄 (俳優)


生涯現役 97

中村太郎 (富山の薬売り)


人生を照らす言葉 62

鈴木秀子 (文学博士 )


生命のメッセージ 67

龍村 仁 (映画監督)
村上和雄(筑波大学名誉教授)


子供に語り継ぎたい『論語』の言葉 24

安岡定子 (こども論語塾講師)


意見・判断 30

中西輝政 (京都大学名誉教授)


日本の教育を取り戻す10

占部賢志 (中村学園大学教授)


歴史の教訓 

渡部昇一 (上智大学名誉教授)


大自然と体心

石原新菜 (イシハラクリニック副院長)


干支九星学

井上象英


小説・林羅山 15

童門冬二  (作家)


致知随想

南 壮一郎  事業は仲間づくり
土師彩鶴   なまえのチカラ
梶原日出男  真の成功は限界の先にある
長谷部 賢  ワインアドバイザー日本一への果てなき挑戦
香西隆男   アニメの道をただ真っ直ぐに
堀口照幸   為せば成る、為さねば成らぬ何事も


「致知と私」 読者から寄せられたお手紙


致知出版社ニュース / こまく / 読者プレゼント / BOOKS[書評] / 木鶏クラブ通信


PAGE TOP

ピックアップ

自分の国は自分で守る

葛西敬之 (JR東海会長)
櫻井よしこ (ジャーナリスト)


PHOTO

日本はいま、分岐点にある。誇りある自立国家へと立ち返るのか、それともめまぐるしく変化する国際社会から後れを取り、取り残されてしまうのかーー。いま日本が自分の国は自分で守る真の独立国家となるために、何をなすべきなのか。日本を代表する経済人にして論客のJR東海会長・葛西敬之氏と憂国のジャーナリスト・櫻井よしこさんに語り合っていただいた。

我が城はこうして守る

越智直正 (タビオ会長)
貞末良雄 (メーカーズシャツ鎌倉会長)


PHOTO

「メイド・イン・ジャパン」を守るーー。この志のもとにこの度、越智直正氏と貞末良雄氏は手を結ぶことになった。靴下とシャツ。異なる世界でそれぞれに城を築き、守り続けてきた両氏に、幾多の辛酸を嘗めて培ってきた商売の極意、人生の極意を縦横に語り合っていただいた。

自分の健康は自分で守る

吉丸房江 (健康道場コスモポート主宰)
坂田道信 (ハガキ道伝道者)


PHOTO

自然界で人間ほど寸分の狂いなく設計された尊い存在は他にないーー。福岡で健康道場・コスモポートを主宰する吉丸房江氏と、広島の自宅を開放し断食道場を開くハガキ道伝道者・坂田道信氏はともにそう語る。本来健康に設計された人間がなぜ病気になるのか。お二人が長年の研究と実践で辿り着いた健康論に、自分の健康は自分で守るための知恵を学ぶ。

出光佐三に学ぶもの

北尾吉孝 (SBIホールディングス社長)
北 康利 (作家)


PHOTO

いま、出光佐三が再び注目を浴びている。人間尊重を原点とした企業経営を生涯実践し続け、出光興産百年企業の礎を築いた出光佐三の生き方から、いま我われが学ぶべきものとは何か。SBIホールディングス社長・北尾吉孝氏と作家・北康利氏に語り合っていただいた。

もっと「致知」を知りたい方はこちらから

  • 致知とは?
  • 各界リーダーのコメント
  • 今月の致知
  • 読者からの声

Copyright 株式会社 致知出版社