もうご覧になりましたか?全国各紙に『致知』が登場!

お知らせ

 

皆様はもうご覧になりましたか?

 

本日より2日間、全国各紙の新聞に『致知』の一面広告を掲載させていただいております!

 

 

▼広告掲載スケジュールはこちら

===============
9月2日(月)
===============

日本経済新聞(全国)、読売新聞(全国)
毎日新聞(全国)、北海道新聞、神戸新聞
西日本新聞(福岡県中心に九州全域)
南日本新聞(鹿児島県)、沖縄タイムス

===============
9月3日(火)
===============

産経新聞(全国)、中日新聞(愛知県、三重県、岐阜県、静岡県)
中国新聞(広島県)

 

紙面では、『致知』をご支持いただいている方々からのコメントの全文を紹介するとともに、この1年間の表紙をズラリとご紹介!

●稲盛和夫氏(京セラ名誉会長/日本航空名誉顧問)

心を高める探求誌『致知』、創刊四十一周年おめでとうございます。心を高める、とはどういうことなのか。それは生まれたときよりも少しでも美しい心を重ねつつ、生ある限り生き抜くことだと考えています。また、そのような美しい心へと、もって生まれた自分の心を変化させていくことこそが、我々が生きる目的です。『致知』が日本人の心の拠り所、そして人間の善き心、美しき心に光を当てる良書として、今後も燦然と輝き続けることを心より願っております。

●王貞治氏(福岡ソフトバンクホークス球団会長)

『致知』を愛読して十年以上になる。本当に世の中に必要な月刊誌だと思う。私は選手時代から監督時代まで、勝つためのよりベストな方法を常に考え続けてきたが、『致知』を読み続ける中で自分を高めること、人の生き方に学ぶことがいかに大切かを教えられてきた。他人を慮ることが難しくなったいまの時代だからこそ、人間学のエキスとも言える『致知』をもっと多くの人たちに読んでいただきたい

●張 富士夫氏(トヨタ自動車相談役)

日頃、仕事をはじめ目先のことに忙しく走り回っている我々にとって『致知』は一度立ち止まって周囲を見回し、自分の今いる場所を確かめ進む方向を示してくれる有難い存在です。人としての生き方を教えてもらっています。

●井村雅代氏(アーティスティックスイミング日本代表ヘッドコーチ)

『致知』と出合ったのは十七年前、プロ野球の村田兆治さんと対談をさせていただいた時から愛読しています。最近の若者は本を読むことを嫌う人が多いのですが、『致知』は若者こそ読むべきだと思います。誌面に登場される方々の生き様、考え方を自分の中でシェイクして、自分に必要なものを心に刻んでいく。ぜひそういう読み方をしてもらいたいと思います。

     

    紙面広告、その他の推薦文はこちらからもご覧になれます!

     

    人間学を学ぶ唯一の月刊誌『致知』!

    『致知』は書店では販売しておりません。

    この機会にぜひお知り合いの方にご紹介くださいませ♪