「一家で楽しもう実語教・童子教セット〈ダウンロード特典付き〉」のご購入はこちら

※クリックすると商品詳細ページに飛びます

一家で楽しもう実語教・童子教セット〈ダウンロード特典付き〉

【6月20日(木)まで】
特典「人間力を高める『実語教』一週間の言葉カレンダー」をプレゼント

セット内容

『人生がさらに面白くなる60歳からの実語教/童子教』

鎌倉・室町期に成立し、
江戸時代には寺子屋の教科書として使われた『実語教』『童子教』。

学ぶことの意義や礼儀作法、人との付き合い方など
人間が生きる上での大切な知恵が簡潔な言葉で書かれてあり、
日本人の間で長く読み継がれてきました。

本書は、人生百年時代となったいま、
還暦を迎えた人たちに両書を読み直し、
豊かな後半生を送ってほしいとの思いから企画されたもの。

本来は子供のために書かれた教訓書ですが、
大人がさまざまな人生体験を振り返って読むことにも
大きな意義があると著者は述べています。

私たちの祖先が長い歳月をかけ培ってきた、
精神の宝を受け取るために最適なテキストと呼べるでしょう。

詳細・ご注文はこちら

『子どもと声に出して読みたい「実語教」』

「私は『実語教』のことを〝日本人1000年の教科書〟と呼んでいます。
 というのも、日本人は長い時間の流れの中で、
 『実語教』を学び続けて、
 日本人として生きる基礎をつくってきたからです」

そう語るのは本誌2013年3月号にも登場された齋藤孝氏。
平安末期から明治初期まで、
およそ1000年にわたって子供の教科書として使われてきたという『実語教』。

江戸期に至っては日本中の子供が寺子屋で学んでいました。
説かれているのは、「学問の大切さ」や「親兄弟のあり方」など、
いずれも人生の指針となる教えばかりです。

巻末には子供と素読ができるよう総ルビの専用ページも付記。
歴史を噛みしめつつ、子供と読みたい1冊です。

詳細・ご注文はこちら

『子どもと声に出して読みたい「童子教」』

教育学者・齋藤孝氏の好評書籍『子どもと声に出して読みたい「実語教」』に続く第2弾。
江戸時代、『童子教』は『実語教』と併せて寺子屋の教科書として広く用いられた。

『実語教』が年長者への礼儀、人との付き合い方など、
人間としての生き方の基本を説いているのに対して、
「朝に生まれて夕に死す」等、当時の人々が影響を受けていた仏教思想が加わり、
より道徳観念を深めた生き方を説いたのが『童子教』である。
齋藤氏は古典の学習が強固な精神をつくると述べる。

かつて日本人は素読を行い、『実語教』『童子教』をはじめ、 『論語』や『大学』などの古典を学び、勤勉さや報恩の精神などを培った。
例えば日本の偉人の一人、二宮尊徳は、農民の出でありながら小田原藩の財政再建を果たした。
彼もまた八歳の時に『実語教』と『童子教』を学んだと記録にある。

子どもたちが正しい判断基準、ものの考え方を身につけ、
よりよい人生を送る術を身につけるために、ぜひ本書をご活用いただきたい。

詳細・ご注文はこちら

『致知』とは

『致知』ってどんな雑誌なの?

月刊『致知』は有名無名やジャンルを問わず、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を毎号紹介しています。書店では手に入らないながらも、46年間、口コミで増え続け、11万人以上の方に定期購読されている日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌です。

『致知』の特徴

  • 46年の歴史を持つ日本で唯一人間学が学べる月刊誌

  • 11万人以上を超える定期購読者

  • 日本一プレゼントされている月刊誌

  • 全国1,200社の企業が社員教育に採用

  • 各界の リーダーも愛読

『致知』をもっと知りたい方はこちら


『人生がさらに面白くなる60歳からの実語教/童子教』のご購入はこちら

※クリックすると商品詳細ページに飛びます

江戸時代には寺子屋の教科書として使われた『実語教』『童子教』。

学ぶことの意義や礼儀作法、人との付き合い方など
人間が生きる上での大切な知恵が簡潔な言葉で書かれてあり、
日本人の間で長く読み継がれてきました。

本書は、人生百年時代となったいま、還暦を迎えた人たちに両書を読み直し、
豊かな後半生を送ってほしいとの思いから生まれました。

『実語教』とは?

――日本人千年の教科書

平安時代末期に成立。
江戸時代になると寺子屋の教科書として広く使われた。
学問をすることによって智恵を身につけ、
人間性を向上させ、世のため人のために貢献できる人になることの重要性を説いている。

『童子教』とは?

――生き方の基本を説く人生の教科書

鎌倉時代末期に成立。明治の初期まで広く使われた子どものための教訓書。
仏教の教えを中心に、『論語』などの言葉を引用しながら、
礼儀作法、言葉の使い方、父母への孝養といった、生きるために基本的な考え方をまとめている。

本書のポイント

江戸時代、寺子屋の教育は『実語教』『童子教』の2冊の本をベースとして、
子供たちに生き方の基本を説いてきました。
平安期と鎌倉期に生まれ、
千年近い年月にわたって人間としての骨格をつくる役割を果たしてきた、
日本人の生き方のバイブルです。

60歳を過ぎて仕事を引退した人も、もう一度精神を奮い立たせ、
人生百年時代に新たなエネルギーを注入できる金言の数々。
『実語教』の最後は、次の言葉で締め括られています。
「かるが故に末代の学者、先ずこの書を案ずべし。
これ学問の始め、身終るまで忘失することなかれ」

『実語教』『童子教』全文を載せた素読用テキスト付き。
背筋を伸ばし、朗々と音読してみることで、
眠っていたエネルギーが甦り、
新たな泉を発掘したような気持ちになれます。

誌面イメージ

『実語教』『童子教』の金言

* 目次 *

『実語教』

『童子教』

こちらもおすすめ

『致知』とは

『致知』ってどんな雑誌なの?

月刊『致知』は有名無名やジャンルを問わず、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を毎号紹介しています。書店では手に入らないながらも、46年間、口コミで増え続け、11万人以上の方に定期購読されている日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌です。

『致知』の特徴

  • 46年の歴史を持つ日本で唯一人間学が学べる月刊誌

  • 11万人以上を超える定期購読者

  • 日本一プレゼントされている月刊誌

  • 全国1,200社の企業が社員教育に採用

  • 各界の リーダーも愛読

『致知』をもっと知りたい方はこちら

閉じる