致知出版社|人間学を探求して35年

2018年度新卒採用受付中

オンラインショップ

致知お申込み

IMG

日本人が大切にしてきたもの

日本を代表する文化人・千玄室さんが
『致知』の「巻頭の言葉」の
連載陣に新たに加わられました。

執筆いただいた文章の一部を
ご紹介しましょう。

───────「今日の注目の人」───

千 玄室(茶道裏千家前家元)

※『致知』2017年5月号【最新号】
※「巻頭の言葉」P4

───────────────────

さて、歌や詩は「ポエム」
という言葉でいい表されるが、
ポエムの語源は
古代ギリシア語の「ポイエーシス」で、
それは「何かを表す」というような
意味だと知った。

自然的な現象や心のよりどころなどを、
言の葉で端的に表現するのだ。

万葉の歌には、
込められた不思議な言の葉
いわば「言霊」がある。

柿本人麻呂がよりその言霊を
意識していたようで、
その作品は

「しき島の大和の国は言霊の
 幸はふ国ぞま幸くありこそ」

「言霊の八十の衢に夕占問う
 占正に告る妹はあひ寄らむ」

など「霊の」という「たま」が
何かを動かしており、
そしてその「たま」は
幸わうとか幸を招くということに
通じているのではあるまいか。

万葉の歌々には、
その時代のさまざまな事象が
時の生活に結びついて詠まれている。

奈良時代の律令制度の確立によって
国づくりができ、
仏教そして神道の
精神性が人々の心を動かし、
その訴えを歌に託したのであろう。

いわば歌とは
安穏感をもたらすもので
あったと思われるのである。
 
日本人が古来、
大切にしてきたのが言霊である。

先人の心に思いを馳せ……

※千さんの含蓄あるお話を
 ぜひ誌面で味わってください。

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

致知
2017年9月号 特集「閃き」
「人間力メルマガ」 読者数47,000人
  • 仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!
  • メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり
  • 朝礼でのスピーチネタとしても使える!
メルマガ登録はこちら 無料
今すぐ 月刊「致知」を定期購読しませんか?
大切なあの方へ「致知ギフト」
×

Copyright 株式会社 致知出版社