1万本以上に及ぶ『致知』の人物インタビューと弊社書籍の中から、仕事力・人間力が身につく記事を365篇収録した傑作選。致知出版社が熱い想いを込めて贈る渾身の一冊。

7つのこだわり

稲盛和夫氏、王貞治氏、井村雅代氏、山中伸弥氏、佐藤可士和氏……など、
ジャンルを超越した豪華ラインナップ。
『致知』だからこそ実現できた究極の仕事の教科書です。


40余年の歴史を持つ『致知』の1万本以上に及ぶ人物インタビューの中から、
編集長と編集部が総力をあげてセレクトした傑作選。
企画構想から制作まで丸1年半。
深い思いが詰まった永久保存版です。


各界第一線で活躍する方の仕事術や発想法に触れられるのみならず、
深い人生体験に根ざした哲学・思想も味わえることで、仕事力とともに人間力も身につきます。


コンパクトな分量でありながら、ずしりとした読み応え。
就寝前や出勤前の3分間、ページを開くことで、
確実に仕事のスキルアップ・人間力向上へとつながります。


読めば思わず目頭が熱くなる感動ストーリー
思わず誰かに話したくなる話が満載で、
会社の朝礼や幹部会議、結婚式等でのスピーチ、社員教育にも使えます。
「ネタの宝庫」として活用度大


書店では一切販売されていない『致知』の記事は、
これまで定期購読者でしか読むことができなかったもの。
本書に収録される内容の大半が、一般向けには初公開の記事となります。


当時32歳だった孫正義氏の記事「脳みそがちぎれるほど考えろ」や、
伝説のアシックス創業者・鬼塚喜八郎氏、相田みつを氏など、
貴重なインタビュー記事を一挙公開。取材当時の生々しい興奮や熱が伝わってきます。


本書を購入する

7つのこだわり

  • 一流プロ365人、超豪華ラインナップ

  • 全424頁、永久保存版

  • 仕事力と人間力が身につく

  • 1日1話形式で、1年間読める

  • 胸が熱くなる感動秘話も満載

  • 致知読者でしか読めなかった記事を初公開

  • 幻の秘蔵記事も一挙集結



【こちらもおすすめ】大感謝祭特別セット(~1/31まで)

『致知編集長が贈る人間学のバイブル「人生の法則」セット』のご購入はこちら


本書収録の「魂に火をつける言葉」

◉「『創造』の瞬間とは、人知れず努力を重ねている研究生活のさなかに、ふとした休息をとった瞬間であったり、ときには就寝時の夢の中であったりするそうです。そのようなときに、『知恵の蔵』の扉がひらき、ヒントが与えられるというのです」
稲盛和夫(京セラ名誉会長)

◉「ある問題について、地球上で最も必死に考えている人のところにアイデアの神様は降りてくる」
森岡毅(ユー・エス・ジェイ元CMO、刀代表取締役CEO)

◉「その時の自分の状態が分かるリトマス試験紙というのを私は持っていましてね。よく人から『頑張ってください』って言われることがあるでしょう。その時に『ありがとうございます』って素直な気持ちで言える時って大体いい状態なんです
羽生善治(将棋棋士)

◉「感情のままに行動するのではなく、必要かどうかを判断の拠り所とする。いつも本質だけを見ていようと思っていれば、判断を間違えることはないでしょう」
佐藤可士和(クリエイティブディレクター)

◉「私が初めて日本代表のメンバーを招集した時、面談で選手たち一人ひとりに聞いたのは、『あなたの武器は何ですか?』『日本代表のために、あなたは何をやってくれる?』でしたね」
中田久美(バレーボール日本女子代表監督)

収録内容

「知恵の蔵をひらく」
京セラ名誉会長・稲盛和夫

「現場には仕事と無駄の二つしかないと思え」
トヨタ自動車相談役・張富士夫

「プロは絶対ミスをしてはいけない」
福岡ソフトバンクホークス球団会長・王貞治

「一度は物事に死に物狂いで打ち込んでみる」
建築家・安藤忠雄

「人を育てる十の心得――加賀屋の流儀」
加賀屋女将・小田真弓

「ヒット商品を生み出す秘訣」
デザイナー・佐藤可士和

「嫌いな上司を好きになる方法」
救命医療のエキスパート・林成之

「準備、実行、後始末」
20年間無敗の雀鬼・桜井章一

「公私混同が組織を強くする」
ラグビー元日本代表監督・平尾誠二

「一番よい会社の条件」
ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正

「仕事にも人生にも締切がある」
料理の鉄人・道場六三郎

「脳みそがちぎれるほど考えろ」
日本ソフトバンク社長・孫正義

「奇跡を起こす方程式」
指揮者・佐渡裕

「10、10、10(テン・テン・テン)の法則」
帝国ホテル顧問・藤居寛

「経営者の人間学とは修羅場を経験すること」
アシックス社長・鬼塚喜八郎

「ストレスに負けない生き方」
筑波大学大学院 人間総合科学研究科教授・松崎一葉

「自分を測るリトマス試験紙」
将棋棋士・羽生善治

「かくて奇跡のりんごは実った」
りんご農家・木村秋則

「宇宙を貫く「ありがとう」の法則」
心学研究家・小林正観

「負けて泣いているだけでは強くならない」
囲碁棋士・井山裕太

……全365篇

本書を購入する

7つのこだわり

  • 一流プロ365人、超豪華ラインナップ

  • 全424頁、永久保存版

  • 仕事力と人間力が身につく

  • 1日1話形式で、1年間読める

  • 胸が熱くなる感動秘話も満載

  • 致知読者でしか読めなかった記事を初公開

  • 幻の秘蔵記事も一挙集結



こちらもおすすめ


『致知』とは

『致知』ってどんな雑誌なの?

月刊『致知』は有名無名やジャンルを問わず、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を毎号紹介しています。書店では手に入らないながらも、40年間、口コミで増え続け、11万人に定期購読されている日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌です。

『致知』の特徴

①40年の歴史を持つ日本で唯一人間学が学べる月刊誌
②11万人を超える定期購読者
③日本一プレゼントされている月刊誌
④全国1,200社の企業が社員教育に採用
⑤各界の リーダーも愛読

『致知』をもっと知りたい方はこちら


閉じる