最新刊『経営に生かす易経』発売記念!!

東洋古典最古の書物といわれ、四書五経の一つにも数えられる「易経」。時代や環境が変化していく中で起こる、あらゆる出来事の解決策になる知恵が記され、孔子や孫子をはじめ、多くのリーダーたちがバイブルとしてきました。帝王学の書ともいわれる『易経』を、約半世紀にわたり学び続けてきた著者が、経営者として激動の時代を生き抜くための羅針盤となる教えを中心に解説した1冊。

約5000年前の中国で生まれた書物である『易経』の教えを、現代の事例や会社経営で起こりうる問題に引き寄せながらひもとく本書はまさに「経営者のための『易経 超入門講座』」とも言えるでしょう。読み応え抜群の352ページです。

このたび、本書の発売を記念して、「易経」にまつわるスペシャルセットを2つご用意いたしました。どちらも7月28日(火)までにお買い求めいただくと、期間限定特典をプレゼントさせていただきます。詳細は以下をご覧ください。

リーダーのための易経

経営者、ビジネスリーダーの方にはとくにおすすめしたい最新刊『経営に生かす易経』のほか、難解だと言われていた『易経』を分かりやすく紐解いた『人生に生かす易経』、さらに、『易経』の中から特に心しておきたい366の訓えを凝縮した『易経一日一言』の3冊セットをご用意しました。『易経』にはじめて触れる方に特におすすめのセットです。

※ご好評につき、現在増刷中です。
 8/27以降の発送を予定しています。



『易経』は、どんなときもめぐりめぐって変化していくということを説く、処世の智慧に満ちた実用書です。目まぐるしく変化する時代で、いま何をなすべきなのかを判断するためのヒントに満ちた『易経』は、読む人の運命を高めてくれることでしょう。

ビジネスで、人生で、家庭内で生かすことのできる不変の智慧が詰まったセットです。

※ご好評につき、現在増刷中です。
 8/27以降の発送を予定しています。

単冊でもお求めいただけます

著者プロフィール

竹村亞希子(たけむら・あきこ)

易経研究家。東洋文化振興会相談役。22歳より本格的に『易経』の研究を独学で始める。数ある東洋古典の中でも難解といわれる『易経』の教えを、分かりやすく説く講義が評判を呼び、定期的に開催される連続講義は、毎回満席でキャンセル待ちが出るほどの人気ぶり。大手企業や官庁などでも講義を行い、特に企業経営者からの支持が厚い。これまでに約40年、10万人以上に『易経』の教えを説き続けてきた。編著に『「易経」一日一言』『人生に生かす易経』(ともに致知出版社)、『超訳 易経』(新泉社)、共著に『こどものための易経』(致知出版社)、『易経 陽の巻』『易経 陰の巻』『易経 青龍の巻』(いずれも新泉社)ほか著書多数。

閉じる