知の巨人・渡部昇一が語る「古典の名著」

時代を超えて語り継がれる「古典の名著」。

数ある古典の中で、
渡部昇一先生が特に取り上げられる基準は、
ご自身の「修養」に資するか否かでした。

古典を通じて、自らを創ってこられた渡部先生。
そのエッセンスを学ぶ珠玉の古典講話CDです。



【その1】 渡部昇一先生に影響を与えた新渡戸稲造の書

『修養』とは何か。
それは「自分に勝つこと、心を豊かにすること」だと
渡部昇一先生は語ります。

生前、修養の大切さを説かれた渡部先生が、
その発想の根本に据えたのが、
新渡戸稲造の『修養』だったのです。


定価:5,500円(税込)

心を豊かにするための一書
CD「新渡戸稲造の『修養』に学ぶ」
講師:渡部昇一 収録時間:73分20秒

【収録内容】
・カーライル著『衣装哲学』と
 新渡戸稲造との出逢い
・志は自分の適性に合わせよ
・『修養』とは自分に勝つこと、
 そして、心を豊かにすること
・何か事が起こった時に
 真価が問われるが「修養」
・少年向け小説家の雄
 佐藤紅緑による豊臣秀吉譚
・一度決めたことを一日も休まず
 続けることが修養の根本
・高額納税者・斎藤一人の言葉
・富の蓄積が国力を左右する
・健康や体力に求められる
 貯蓄の概念
・静けさが人間の思索を深める

※このCDは致知出版社主催の渡部昇一・知的生き方塾「先哲に学ぶ『自己修養』のすすめ」での講演を収録したもので、「渡部昇一講演録CD修養1」第1巻で収録されているものと同じ内容です。

現在、予約受付中! 7/27(火)発売開始




【その2】 渡部昇一先生が語る、永遠の古典『論語』の世界

日本でも古くから偉人たちに親しまれてきた
永遠の古典『論語』。

単に『論語』の章句の解説にとどまることなく、
偉人たちの生き方など豊富な事例をもとに、
古の教えを現代に蘇らせる古典講座です。


定価:5,500円(税込)

人生を語るには『論語』を以て足る
CD「永遠の古典『論語』の人間学」
講師:渡部昇一 収録時間:110分

【収録内容】
・天下を取った徳川家康が手にした
 2つ古典の『吾妻鏡』と『論語』
・人間の成熟を促す『論語』の章句
・国家の繁栄をもたらす「孝の精神」
・赤穂四十七士を率いた大石良雄は、
 『論語』の説く修養精神の実践者
・超自然的なこと(怪力乱神)を
 一切語らなかった孔子の真意
・お金を誤魔化さないことが
 人間としての信用を得る
・虫のいいことを考えている人が
 明るい未来を引き寄せる
・苗にして秀でざる者あり、
 秀でて実らざる者あり
・腹の底から思い続けると、
 運命を動かす力になる
・川の流れに見る時の流れの感じ方の違い

※このCDは平成13年に開催した致知出版社主催の「歴史に学ぶ『修己治人』の成功学」での講演を収録したもので、「渡部昇一講演録CD修養2」第3巻で収録されているものと同じ内容です。

ご購入はこちらから




【その3】 100年に一度の頭脳と称された幸田露伴の名著『努力論』

渡部昇一先生にとって特に思い入れの深い
幸田露伴の『努力論』。

そこには、東洋哲学をベースにして、
どのようにして生きれば、
運を招き寄せられるかが記されています。

渡部先生が本書からくみ取られたエッセンスは、
運をよくするためのヒントに溢れています。


定価:5,500円(税込)

100年に一度の頭脳と謳われた幸田露伴の著作『努力論』の本質に迫る
CD「幸田露伴に学ぶ『努力論』」
講師:渡部昇一 収録時間:107分13秒

【収録内容】
・100年に一度の頭脳の持ち主と
 謳われた幸田露伴の歩んだ道
・私と『努力論』との出逢い
・東洋哲学に則って考えた
 運のいい人と悪い人の違い
・自分は運がいいと本気で信じた
 松下幸之助翁のエピソード
・平清盛、源頼朝、徳川家康に見る
 「惜福の精神」
・国家にこそ求められる「惜福の精神」
・ノモンハン事件の実情が示す
 兵隊の力に頼りすぎた日本の問題点
・勤勉誠実な日本人が積み上げたものを
 いとも簡単に投げ出すエリートたち
・豊臣秀吉、石田三成が家臣に対して
 発揮した「分福の精神」
・戦後の日本で根こそぎ奪われた
 「植福の精神」

※このCDは平成13年に開催した致知出版社主催の「歴史に学ぶ『修己治人』の成功学」での講演を収録したもので、「渡部昇一講演録CD修養2」第1巻で収録されているものと同じ内容です。

ご購入はこちらから




閉じる