著者一覧 神渡良平

プロフィール

かみわたり・りょうへい――昭和23年鹿児島生まれ。九州大学医学部を中退後、雑誌記者などの職業を経て、作家に。38歳のとき脳梗塞で倒れ一時は半身不随となるが、必死のリハビリによって社会復帰を果たす。この闘病生活中に、人生はたった一回しかないこと、どんな人にもなすべき使命があってこの地上に送られていることを痛感する。そしてかけがえのない人生を取りこぼさないためには、自分の経験の範囲内で考えることではなく、先人たちが掴んだ人生の知恵を活用すべきことに気づく。闘病中に起草した『安岡正篤の世界』がベストセラーに。以後、数々の著書を生み出す。

この著者の書籍