大村 智 北里大学特別栄誉教授の特別講話がDVDに!

今年の1月23日(土)に開催した『致知』新春オンライン講演会。
講師の一人として、登壇していただいたノーベル賞受賞者
大村 智氏の特別講話が早くもDVDとして登場。

人類の健康と福祉の増進に大きく貢献するイベルメクチンの
生みの親である大村智氏は、いかにしてご自身を磨いてきたのか。

医学的な分野を遥かに超えて、芸術、文化面など多方面で
社会貢献を行う大村智氏の人間的魅力が浮き彫りとなる名講話です。



DVD『良き人生は日々の丹精にあり』
講師:大村 智 収録時間:57分35秒
定価:5,800円+税

【収録内容】
・北里柴三郎先生のこと
・北里柴三郎と横井小楠
・人を残すために心掛けたこと
・イベルメクチンの驚異的効果
・私の実践躬行
・忘れ得ぬ人々
・私を鼓舞してくれた言葉





『致知』新春オンライン講演会「ご参加者の声」

  • 藤森 柊羽さん

    私は19歳、大学生です。今回の講演では、医学の道を学んでいる身として、大村智先生のお話が大変心に響きました。医学的な知識の面では、北里先生や大村先生の偉大さを再認識し、世の中の薬学や医学への貢献度と言うものが計り知れなく、敬意の念を抱いています。なにより、大村先生は絵画や本といった文芸も大切にしておられ、心の部分に対しても向き合っていらっしゃることに感銘を受けました。それは、医師になる私にとって、とても大切にしなければいけない部分だと思います。技術としての知識だけではなく、文化的側面から人の心を癒すことがとても大事なのだと思いました。様々な物事に対し興味を持ち、人間学も含めて自分に取り入れていくことが、将来多くの人の心と体を癒せる立派な医師になるために必要なのだと実感しました。今日のお話を忘れずに学び続け、日々精進してまいりたいと思います。

  • 沼村 孝男さん

    大村智先生の特別講話が印象的でした。特に現在世界を震撼させている新型ウイルスの治療薬としてイベルメクチンが有効であるとの解説は今後の日本のウイルス対策に大変重要なご指摘であると確信しました。

  • 平 朋子さん

    大村智先生がお話しされた北里柴三郎先生のお言葉で、「国利民福」を知ることができて嬉しく思います。現状にも当てはまるだけに、この言葉を胸に抱けば行動が変わるのではないかと思います。

  • 太田 正克さん

    大村智先生の「目標に向けて日々丹精を込める」、画家・片岡珠子の雪舟の肖像画に関して日々精進に生きたエピソードはとても心に残りました。対象と同化していく本物の姿を教えていただきました。今後の人生の指針とさせていただきます。

  • 川上 邦彦さん

    大村先生のお話は、それまで読んでいた先生のご経歴・ご実績よりも実際にご自身で歩まれた軌跡をご本人のお言葉で聴けたことで、たいへん稀有な人生をどのようなお気持ちで過ごされたのかが伝わりました。大きな成果も、一人の実績でなく、多くの仲間の成長を考えて長期にわたる遠望の賜物であることをお聴きして、『致知』が大切にしている古典の心は、かくも大きな実績を現代でも打ち立てることができる! と感動ひとしおでした。

  • 岡崎 充男さん

    大村智先生の話の中に「朝は希望に生き 昼は努力に生き 夜は感謝に眠る」の言葉がありました。日々、この言葉を念じながら、心して励んでまいりたいと思います。






閉じる