人生の苦しみをどう乗り越えるか 山川宗玄×鈴木秀子 

 

禅の修行道場の中でも一際厳しいことで知られる岐阜県の臨済宗正眼寺。その住職を務める山川宗玄老師と、カトリック信仰に生き多くの人の苦悩に耳を傾けてきた鈴木秀子さんに、人生で直面する様々な逆境や苦しみを乗り越えるヒントを伺いました。

苦しみを乗り越える力

(山川) 

生きていく上ではいろいろな出来事に遭遇します。これはキリスト教や儒教にもあるようですが、天はその人の担える試練しか与えない、という教えは本当だと思います。十分に耐えられるから苦しみながらも生きていられる。もし耐えられなければ、そこで死んでいるはずです。

苦しい状況に遭遇したら、自分はそれだけ大きな人間だと考えて黙って受け入れて前を向いて歩いていく。これが禅の発想ですね。

(鈴木)

『聖書』にも「苦しみがあるところには、それを乗り越える力が必ず与えられている」と書かれています。

面白い話があるんですよ。ある人が死んであの世に行って海岸の絶壁に立っていたら、神様が現れるんです。その人は神様にこう言いました。

「神様、あなたはいつも一緒にいて苦しみを乗り越える力を与えてくださるというけれども、そんなことはありませんでした。私が苦しくてたまらない時、あなたはどこかに行っておしまいになりました。その証拠に目の前の海岸を見てください。あなたと私の2人の足跡が続いていて、途中からは私1人の足跡になっているでしょう。その頃、私はたった1人で辛い思いをしながら歩いていたんです」

それを神様は黙って聞いていて「1人の時の足跡をよく見てごらん。砂の中に大きく深く足跡が食い込んでいるだろう。あなたが苦しくて1人では歩こうとしないから、私があなたの苦しみを担って1歩1歩、歩いていたんだよ。そしてあなたが苦しみから抜け出た時、また2人で並んで歩いたのだよ」とおっしゃったというんです。

(山川) 

なるほど。私は神様がわざわざ背中に乗ってくれたのかと思いました(笑)。

(鈴木) 

だから、どんな苦しいことでも耐えられる、きっと大宇宙が味方をしてくれるはずです。

(山川) 

この地上で形ある命となった時、それを使い切るまで生きていける能力が、本当は誰にでも備えられている。そこに安心したらいいのだと思います。

(鈴木) 

そしてその命ということですけれども、私たちは命というと自分の寿命を連想します。でも、その命はバラバラではない。深いところで皆繋がっていることを私は確信しているんです。

(山川) 

同感ですね。私はそれを滝に譬えてよく話します。水がドーッと滝壺に落ちると、たくさんの泡ができますね。その泡を目で追っていくとすぐにパチンとはねてしまうものもあれば、ずっと先まで流れていくものもある。しかし、どの泡も最後には水の中に消えていきます。

このぼこぼこという泡の状態が人生ではないかと思うんです。強い刺激によってこの世に生を受けて、すぐに亡くなる人もいれば、90年、100年と長寿を全うする人もいる。しかし、最後は全員が水という大きな命の中に帰っていく。

(鈴木) 

禅で修行をともにする人たちを道友と言うそうですが、ちょうど同じ時間に生まれた滝の泡のように、私たちはそういう誰かとのご縁をいただいて限りある人生をともに生きていくわけですね。そう考えると、皆自分にとってかけがえのない人たちばかりです。

余計なものを取り除く

(鈴木) 

それにしても、禅の修行をとおして命の繋がりということを体験し続けられている老師様のような方がいらっしゃることは、迷いの多いこの世の中にとって大きな光ですね。修行を続けられている意味はそこにもあるのかもしれませんね。 

(山川) 

先ほども申し上げたとおり、修行というのは特別に型にはまったものだけを言うのではありません。生活が1つのリズムになってしまえば、修行生活も朝、顔を洗うことと一緒です。特段に坐禅をしているという感覚はないですね。 

(鈴木) 

いいですね。リズムで生きられる域にまで達せられたのは、素晴らしいことではありませんか。 

(山川)

女性が男性より長生きなのも、このリズム感にあるように思います。主婦の皆さんは家族のために食事を作ったり洗濯をしたりと大変なようですが、結局、静と動のバランスを取りながらリズムをつくり出していることなのです。 

修行もよく似ています。掃除をしたと思ったらお経を読んで、托鉢に出る。帰ると坐禅をして、夜は外に出て夜坐をする、といったように常にリズム感を持った1日の動きがあります。 

(鈴木) 

いまは超高齢化社会などと言われますけれども、特にお年寄りはそのリズム感を日常で習慣づけていったら健康でいい人生が送れるかもしれませんね。人の噂話を気にしたり競争したり、あまりあくせくせずに……。 

(山川) 

それは大事ですね。できるだけ余計なことはしないことです。

私はこれでも法要行事や講演などで各地を動き回ることの多い人間なのですが、この頃、駅での乗り換えの時、反対側のホームで何人がスマートフォンを動かしているかを無意識に数えるようになりました。すると、もう6割、7割ですよ。 

(鈴木) 

東京の地下鉄なんて、もっと多いですから。 

(山川) 

ちょっと覗いてみることもありますが、大したことはやっていない。とりたてて必要のない情報をわざわざ見て一喜一憂するのは時間の無駄としか思えません。 

実は私、半年以上テレビを見ていないのです。雷が落ちて自室のものが駄目になりましてね(笑)。買い替えたらいいのでしょうが、テレビを見ずにどのくらいもつか、つまり、社会情報が途切れて大丈夫かどうか試してみようと、ずっとそのままにしています。しかし、そのことでこの半年間困ったことは1度もありません。それでいいのではないでしょうか。 

(鈴木)  

そうやって生きていく上で余計なものを取り除いてくると、人間の本質的な部分が見えてきますね。老師様はその中で一番大切な心得は何だとお感じですか。 

(山川) 

先ほどの泡の話のように、生きている時間は有限だということです。 

(鈴木) 

ああ、時間は限りがあると。 

(山川) 

一昔前までの日本人はそのことを無意識のうちに知っていました。大家族の中で小さな子供が大好きなお祖父ちゃん、お祖母ちゃんの死に直面する。それは悲しいことですが、生活をともにする中で命の有限性を自覚していったのです。そのことは、過度の情報に汚染されたようになっているいまの日本人はしっかり自覚すべきことだと思います。 

(鈴木) 

人生という泡は消えていくけれども、深いところで繋がっている。だとしたら、自分の小さな幸せだけを追い求めるのではなく、誰かの幸せのために生きていくことも大事な心得ではないでしょうか。私はシスターとして、神様の無限の慈しみ、宇宙の力が、私の言葉や祈りをとおして広がっていったら、という思いだけで毎日を生きております。そう考えると、ただ感謝のみです。

(本記事は月刊『致知』2015年5月号「人生心得帖」から一部抜粋・編集したものです。各界一流の方々のご体験談や珠玉の名言を多数紹介。あなたの人生、経営・仕事の糧になる教え、ヒントが見つかる月刊『致知』の詳細・購読はこちら

 鈴木秀子(すずき・ひでこ)  

東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。聖心女子大学教授を経て、現在国際文学療法学会会長、聖心会会員。日本で初めてエニアグラムを紹介し、第一人者として各地でワークショップなどを行う。著書に『幸せになるキーワード』(致知出版社)『死にゆく者からの言葉』(文藝春秋)『愛と癒しのコミュニオン』『あなたは生まれたときから完璧な存在なのです』(ともに文春新書)など多数。 

山川宗玄(やまかわ・そうげん)  

やまかわ・そうげん  昭和24年東京都生まれ。49年野火止平林僧堂の白水敬山老師について得度。同年正眼僧堂に入門。平成6年正眼寺住職、正眼僧堂師家、正眼短期大学学長。著書に『生きる』『無心の一歩を歩む』『無門関提唱』(いずれも春秋社)など。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる