皆川達夫が語る、隠れキリシタンの祈り「オラショ」研究の道のり

中世ルネサンス音楽研究の第一人者であり、NHKラジオ「音楽の泉」の解説でも広く知らる立教大学名誉教授の皆川達夫さん。長崎生月島に伝わる隠れキリシタンの祈り「オラショ」の研究でも大きな功績を残された皆川さんですが、そこには数々のドラマがありました。

☆人間力を高める記事や言葉を毎日配信!公式メルマガ「人間力メルマガ」のご登録はこちら

「オラショ」との出逢い

(─その中で、特に印象に残る出逢いや研究などはありますか。)

(皆川) 

1975年5月、アマチュア合唱団の指導のために長崎を訪れた際、生月島の「オラショ」(隠れキリシタンの祈り)と出逢ったことはいまも忘れられません。

約1週間の滞在の合間に、長崎県庁に勤める合唱団のリーダー格の方が「皆川先生、県下の離れ小島に隠れキリシタンの面白い歌がありますので、聴きに行きましょう」と誘ってくれたのです。

私は作家の遠藤周作さんの『切支丹の里』という本を読んでいたので、隠れキリシタンについて知ってはいたのですが、ただ、何だかおどろおどろしいイメージを抱いてしまっていて……最初は行きたくないと逃げ腰でいました。

それでもリーダーは嫌がる私を連れ去るかのように車に乗せ出発しました(笑)。高速道路などもない頃ですから、佐世保を経由して田平に至り、そこからフェリーで平戸島に渡って、さらに平戸島からまたフェリーに乗り換え、やっと生月島に行き着きました。

そうしてオラショに参加させていただくことになったのですが、当時は本当に「隠れ」で、本来は外部の人間は参加することはできなかったのです。それが、リーダー格の方が長崎県庁の役人だったことで、隠れキリシタンの方々も「まあ、よかですたい」と特別に参加を許してくださったのです。

(─実際にオラショに参加してみていかがでしたか。)

(皆川) 

最初、彼らの祈りを聴いた時は歌ともお経とも区別がつきませんでした。「この訳の分からない言葉は何なのですか」と聞いても、「これは唐言葉ですたい。意味は全く分からんとです」と、納得できる答えは得られません。

だけどね、私はヨーロッパの古い音楽をずっと勉強していましたから、これはひょっとしたらラテン語の聖歌が訛ったものではないかと、アンテナに強力に感じ取られるものがあったのです。

(―ピンとくるものがあった。)

(皆川) 

さて、そうなると、嫌だ嫌だと言っていた人間が、目の色を変えて生月島に通うようになった(笑)。何度も現地に通っていくうちに、隠れキリシタンの方々ともだんだん打ち解けて、「皆川さんならよかとですたい」といろんな行事に参加させてくださり、オラショの録音にも積極的に協力してくださるようになりました。

「オラショ」から感じた音楽の力

(皆川) 

そうしてオラショの言葉の全文をラテン語に復元。節をつけて唱える「歌オラショ」を竹井成美さん(宮崎大学教授)の協力で五線楽譜に写し、歌オラショの原曲となった聖歌を求めてヨーロッパ中の図書館を訪ねて回りました。 

さらに、その研究成果を1976年にLPレコードとして公にしたり、日本で唯一現存するキリシタン期の楽譜資料である『サカラメンタ提要』記載の全19曲のラテン語聖歌を、先ほどの長崎の合唱団と録音したりもしました。

(─並々ならぬ行動力ですね。)

(皆川) 

でも、日本にある資料はもちろん、海外の資料も集めてオリジナルの曲に復元していったわけですけど、どうしても分からないものがあった。生月島の3つの歌オラショのうち『らおだて』『なじょう』は、それぞれラテン語聖歌の『ラウダーテ・ドミヌム(主をたたえよ)=詩篇一一六編』と『ヌンク・ディミッティス(いまこそ僕を=シメオンの賛歌)』に由来することは間違いなかったのですが、残りの『ぐるりよざ』の原史料が探せなかったんです。

それで再びヨーロッパに飛びまして、もうパリ、ウィーンなどの図書館は言うに及ばず、イタリアの図書館まで探し回りました。

特にローマ法王のお膝元のバチカンの図書館は大変な宝庫でしてね。蔵書は多いというもんじゃなくて、本を請求するカード室だけで学校の体育館くらいある。ところが、当時バチカンの図書館は1日3冊しか請求できず、午前10時に開館して、午後1時には追い出されてしまうのです。これだと思って3冊請求しても、実際には楽譜が1つも載ってないということもよくあって、それで1日のホテル代と食事代が無駄になる。その連続が7年も続いたのですよ。

(─ええ、7年もですか!)

(皆川) 

これは諦めるしかないと思いましたけど、やっぱり宣教師の本拠地だったスペイン、ポルトガルをもう一度調べ直そうと思いましてね。1982年10月にマドリードの国立図書館でそれらしき本を請求したのですが、その書が手元に持ってこられた時、もう体が震えてきたのです。「ここにあるに違いない」と直感したのです。

震える手で頁をめくっていくと、紛れもなく『ぐるりよざ』の原曲となった聖歌『オ・グロリオザ・ドミナ(栄光の聖母よ)』の楽譜が記されていました。オラショとの出逢いから七年掛かったわけですが、これは研究者として当然のことで、自慢することでもないですが、まぁ嬉しかったですね。

(─なぜ『ぐるりよざ』だけすぐに見つからなかったのでしょうか。)

(皆川) 

それはね、バチカンが公認した聖歌ではなく、スペインのある地方にだけ伝わっていた「おらが村さ」のローカル聖歌だったからです。だから、バチカンでいくら探しても見つからなかった。

でも、数百年前にやってきた宣教師が「おらが村さ」の聖歌を生月島の日本人に伝え、彼らはそれを必死になって覚え、訛ってはいますが、いまも祈り歌い継がれているのですよ。隠れキリシタンの人々は祈り歌うことによって心励まされ、幕府に見つかっていつ首を斬られるかも分からない状況に耐え、生きてきた。『オ・グロリオザ・ドミナ』を通して、音楽というものは一瞬で消えていく儚いものだけど、実は人間の命を支えるだけの強い力があるのだと気づかされ、改めて感動しました。

(本記事は月刊『致知』2019年9月号の特集「読書尚友」の記事から一部抜粋・編集したものです。あなたの人生、経営・仕事の糧になるヒントが見つかる月刊『致知』の詳細・購読はこちら)

◇皆川達夫(みながわ・たつお)

昭和2年東京都生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院修了。2回にわたってアメリカ、ヨーロッパ留学。43年立教大学教授。平成5年同大学を定年退職し、同大学名誉教授。全日本合唱センター名誉館長、国際音楽学会名誉会員Ehrenmitglied。中世音楽合唱団主宰。日曜朝のNHKラジオ「音楽の泉」、NHKFM「バロック音楽の楽しみ」などに出演。21NHK放送文化賞。著作に『中世・ルネサンスの音楽』(講談社学術文庫)『キリシタン音楽入門: 洋楽渡来考への手引き』(日本基督教団出版局)など多数。

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる