「勝負の神は細部に宿る」日本サッカー界を牽引してきた岡田武史監督の勝負哲学


【今夜放送!U-24フランス代表vsU-24日本代表】W杯男子日本代表やコンサドーレ札幌、横浜F・マリノスの監督として日本のサッカー界をリードし、いままたFC今治のオーナーとして、地方から新たなサッカーの姿を精力的に発信している岡田武史さん。その勝負哲学をお伺いしました。

◉誰の人生にも、よい時と苦しい時があり、その時々で心に響く言葉は違う。仕事にも人生にも、真剣に取り組む人たちの糧になる言葉を――月刊『致知』のエッセンスを毎日のメルマガに凝縮! 登録特典〝人間力を高める三つの秘伝〟も進呈しております。「人間力メルマガ」こちら

勝敗を分けるのは「意識」

〈岡田〉
監督は試合に際してどの戦術をとるかを判断しなくてはいけない立場です。だけど答えはないわけです。とことん考えても答えは出ない。

結局頼るのは何か? 勘なんです。大事なのはその勘を選択する勇気ですね。こんなことをしたらまたマスコミに叩かれるとか、そんなことを考えて下した判断はいい結果を招かない。

反対に、無心に近い状態でぽっと浮かんだ考えを選択すると、ものすごい確率で当たるんです。

選手時代もそうでした。無心で試合に臨んでいたら、一度も決めたことのない左足のミドルシュートが見事に決まった、といったことを僕は何度か経験しました。フローとかゾーンとかいわれますが、トップアスリートは皆それを知っているのではないでしょうか?

これはあくまで私見ですけど、僕の場合は本で学んだことも少なからず影響しているような気がします。読書好きでサッカー以外の本も結構読むのですが、読んだ本の一節が、サッカーの試合中に僕の意識の中で化学反応を起こし直感に繋がるのではないか、と。

勝敗についてメディアや評論家は決まって戦術論、システム論ばかり言います。もちろん、それも大事ですが、勝負を分けるのは8割、9割が私たちの意識ですよ。

「ミスしても大丈夫」とか「俺一人くらいいいだろう」とか、そういう選手が一人でもいたら試合に負けるんです。 

2010年のW杯の前、日本代表選手は敵地での試合で一勝もしていませんでした。その時、僕は録画した試合の様子を編集して選手たちに見せました。 

すると、一人の選手が大丈夫と楽観視して蹴るのに失敗したとか。すべてがそういうミスなんです。戦術、システムの問題は一つもない。僕はこういうことにうるさくて、「君らが手を抜いて運を掴み損ねて、W杯で負けたらどうするんだ」と常に檄を飛ばしました。 

神は細部に宿るというのは、本当にそのとおりなんですね。

リーダーは腹の括り方が大事

※リーダシップについての質問を受けて

〈岡田〉
一つには監督自身に覚悟があるかどうかが大事だと思います。

僕も代表監督として選手たちからいろいろな声を聞き、いいと思ったことは取り入れてきました。だけど、これは違うと思ったら、はっきり言いましたね。

「俺は日本代表監督として全責任を負ってこのようなサッカーをやる。能力があると思うからおまえを選手として選んだ。もし嫌だったら、しようがない。残念だけど諦めるから出ていってくれ」と。

このスタンスをどんな中心選手でも外しませんでした。 

実際にそれを言ったのは一人だけでしたが、監督が腹を括っていると皆分かるんですね。だから、絶対に逆らいませんでした。上に立つ者はこの腹の括り方が大切だと思います。 

それに監督時代は随分、身銭も切りました。そういうところも、選手たちはちゃんと見ていますからね。 

嫌われることを恐れていたらリーダーは務まりません。実際、W杯には23名しか連れていけないし、11人しかピッチには出せないんです。

僕は私的な感情を挟みたくないので仲人は絶対にやらなかったし、現役選手と一緒に酒を飲むこともしませんでした。


(本記事は月刊『致知』2015年9月号 特集「百術は一誠に如かず」より一部抜粋・編集したものです)


王貞治氏、稲盛和夫氏、井村雅代氏、鍵山秀三郎氏、松岡修造氏など、各界トップリーダーもご愛読! あなたの人生、仕事、経営を発展に導く珠玉の教えや体験談が満載、月刊『致知』のご購読・詳細はこちら各界リーダーからの推薦コメントはこちら


致知出版社編集部ブログ

★岡田武史さんから『致知』へのメッセージをいただきました! 知人の紹介で初めて『致知』を読んだことを今でも良く覚えています。まだまだ駆け出しの監督として答えのない決断、非常の決断に苦しんでいた私を勇気付け背中を押してくれました。それから長い時間経った今も目の前の事で視野が狭くなっている自分に本質を思い出させてくれ、新しい気づきと成長を与えてくれる大切な師、それが『致知』です。ありがとう。――岡田武史

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

閉じる