名君・上杉鷹山に出会った、あるお婆さんの手紙

江戸時代、細井平洲という儒学者がいました。平洲といえば、財政難に陥っていた米沢藩を立て直した名君・上杉鷹山の師として知られています。平洲は鷹山が少年期に江戸屋敷にいた時から教育係を務め、米沢に移ってからも時折、招かれては藩民たちの教育を指導していました。ここでは鷹山の人柄が偲ばれるある逸話を紹介します。そこには師・平洲の影響を垣間見ることができます。

お侍どころかお殿様であった

まずは以下の文章を読んでみてください。文語文で少し分かりにくいかもしれませんが、大要は掴めると思います。

「秋稲の散切り干し終い、夕立がきそうで気をもんでいたら、二人のお侍が通りかかって、お手伝いを受けた。帰りに刈り上げ餅あげ申す、どこへお届けするかと聞いたら、お上屋敷北の御門から言っておくとのこと。それで福田餅三十三丸めて持って行き候ところ、お侍どころかお殿様であったので、腰が抜けるばかりで、たまげはて申し候。そして、ご褒美に銀五枚いただき候。それで家内中と孫子残らずに足袋くれやり候」

ある農家のお婆さんが農作業をしていたら、夕立が来そうな天気になった。気をもんでいたら通りがかりの2人の侍が農作物を納屋にしまうのを手伝ってくれた。

お婆さんは「お礼に餅を差し上げたいが、どこにお届けしたらよいでしょうか」と尋ねる。「それでは、お上屋敷まで届けてほしい」と言われて足を運んだところ、通りがかりの侍と思っていたのが、実は藩主・鷹山だったことを後で知って腰を抜かすほど驚いた。ご褒美に銀5枚をもらい、それで家族に足袋を買ってあげた、という内容です。

この手紙から窺える鷹山の人となりについて、愛知県の東海市立平洲記念館館長の立松彰さんは次のように述べられています。

「鷹山が家臣一人だけを伴い、お忍びで庶民の様子を見て回っていたことも感動的ですが、そこにはもう一つの目的がありました。その年の米の出来具合を自分の目で確かめようとしていたのです。万一、不作と予測できれば、他処に買いつけに走るなど早めに対処することができるからです。

鷹山はこのほかにも、植物学者を集めて藩内の野山の植物で食べられるもの、食べられないものを分類した図録を作成し、領民に知らしめることもしています。天保の大飢饉の時、藩内から一人の餓死者も出さなかったのは、これらの危機管理の取り組みが功を奏したからに他なりません。 

こういう藩主の姿を見て「この人のためなら」と思わない人がいるでしょうか。その名君を育てたのが他ならぬ平洲であることを思うと、教育者・平洲の偉大さを思わないではいられません。」

☆歴史から何を学ぶか?こちらの記事も人気です⇒ 杉原千畝より前に数万人のユダヤ難民を救った樋口中将の決断

国民の父母となれ

では、平洲は鷹山にどのような教育を施したのでしょうか。再び立松さんに聞いてみましょう。

「平洲は藩主の心得として「国民の父母となれ」という教えを説きました。父母の役割とは我が子に食べる物、着る物を与え、安心して暮らし、教育を施すことです。鷹山はこの父母の立場を藩政の場で実践し、領民の信頼を得て藩の再建を進めたのです。 

刑罰の面でも同じことがいえます。当時、米沢藩に限らず、賭博は極刑の死罪とされるのが通例でした。しかし、処せられる人は極悪人ばかりというわけではなく、仕事の合間につい博打をして捕らえられる間抜けな者が大半でした。 

それに気づいた鷹山は、江戸の平洲に手紙を出し藩の掟の見直しを相談。その僅か五か月後には、全国に先駆けて死罪から所払いへと減刑する旨のお触れを出すのです。二人がいかに信頼関係で結ばれていたかが、この実話をとおしても知ることができます。」

私たち日本人の祖先には、平洲や鷹山のような素晴らしい人物が数多くいました。そのことに思いを馳せながら、私たちもまた誰にも恥じることのない人生を歩みたいものです。

(本記事は『致知』最新号2018年7月号 特集「人間の花」より一部抜粋したものです)

◇立松 彰(たてまつ・あきら)

━━━━━━━━━━━━━━━━

昭和24年愛知県生まれ。國學院大学文学部卒業後、東海市に奉職。教育委員会に籍を置き平成15年東海市立平洲記念館館・郷土資料館館長に就任。 

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら