20代・30代の『致知』読者の会 第20回中国若獅子の会in広島

若獅子の会


若い世代にも広がりを見せている月刊『致知』

20代から35歳以下の若者を中心とした人間学の勉強会
通称「若獅子の会」が日本各地で行われています

毎月一回開催されるこの会を通じて、
よき仲間と切磋琢磨し合いながら人格を高めております

   (若獅子の会についての詳細は
      こちらをご覧ください 





今回は、広島県で10月に行われた様子を
ご紹介します!!

∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


10月10日(土)広島市の中特会館にて、
「第20回中国若獅子の会」を開催致しました!!
  

 
今回のブログは、

当会の代表世話人の服部悠貴がお届け致します
 
まずは、この場をお借りしまして御礼申し上げます。
おかげさまで、第20回目を無事開催できたのも、
致知出版社の藤尾社長をはじめ社員の皆様、
会に参加してくださる中国の仲間、
そして全国の若獅子の会の仲間のおかげです。
本当にありがとうございました。
改めまして、今後ともよろしくお願い致します。
 
さて、今回は初参加の方も含めて8の方にご参加頂きました!!
そして、大変有難いことに若獅子の会の様子を
是非見学したいということでスペシャルゲストとして、
広島木鶏クラブ代表世話人の江藤秀亮先生に
ご見学いただきました
 

 

江藤先生は廿日市を拠点に
こども論語塾
等を主催されています
 
若獅子の会では、月刊誌「致知」の記事を読み、
その記事の感想文を各自持ち寄り、
木鶏会」という勉強会で、
その感想文を発表しあい、
各自の感想文に対して、
他のメンバーが「美点凝視」の視点で、
発表者に対して、コメントしてくださいます!!
 

 

これによって、
自分自身では気付くことができなかった
「自分の本来の良さ」
「自分が進むべき道」
気付くことができます
 
そして、最後には「感動大賞」として
最も感動した感想文を全員で選んでいるのですが、
今回の1つ目の記事「先哲遺訓」では、
世話人の佐野知子さん、
2つ目の記事「歴史の遺訓に学ぶ」では、
佐藤善彦さん、
初参加の竹内真純さんが同票で選ばれました
 

  
写真は竹内さんが感想文を読まれているところです
3名とも本当に素晴らしい感想文で、
この全文は、若獅子の会facebookページにて

随時アップしていきますので、お楽しみに!
 
次回の中国若獅子の会
11月22日(日)14時~
福山市のふくやま市民交流館で開催致します
皆様のご参加心よりお待ちしております。
いつも本当にありがとうございます!!
 

   

お問い合わせ・お申し込みは
若獅子の会事務局まで
⇒ wakamono@chichi.co.jp



*********************************

 いつもご覧いただき
   ありがとうございます


  >>  定期購読のお申し込みはこちら 
  >>  公式HPはこちら

   

*********************************