速報!最新号まもなく発刊!!

生き方


最新号(3月号)の特集テーマは
「願いに生きる」

あの「餃子の王将」社長
まるでSF世界を思わせる
新薬を開発した研究者など、
今号も多彩な登場人物の
体験談や偉人の生き方を通じて、
生きた人間学が学べます!!

気になるラインナップはこちら。

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





───────────────────

対談
「信念を抱いて願うことは必ず実現する」

渡邊 直人(王将フードサービス社長)
     ×
福地 茂雄(アサヒビール社友)


王将フードサービスの大東隆行前社長が
凶弾に倒れたのは、『致知』の連載で
取材をさせていただいた2か月後でした。

あれから2年。

現社長の渡邊直人さんは、
大東さんの遺志を継ぎ
見事な経営手腕を発揮しています。

そこに込められた切なる願いを、
アサヒビール社友の福地茂雄さんに
聞いていただきました。


   ─────────

インタビュー
「心に秘めたる日本への思い」

楊 素秋


台湾で日本人として
生まれ育った楊素秋さんに、
いまも心の奥底に
秘められたままの日本への
思いを語っていただきました。


   ─────────

「渋沢栄一とフランクリン」

齋藤 孝(明治大学教授)


道徳に基づく国家経済の
基礎を打ち立てた渋沢栄一と
ベンジャミン・フランクリンの
生き方について
明治大学教授の齋藤孝さんに
お話しいただきました。

ゼロから事を成した
先人の偉業には目を見張ります。


   ─────────

トップインタビュー
「かくて世紀の偉業は成し遂げられた」

片岡 一則(東京大学大学院教授)


トップインタビューは、
ノーベル賞候補に挙がっている
東京大学大学院教授
片岡一則さんにご登場いただきました。

病院要らずの未来
実現するという願いのもと、
病気の診断や治療をする
新薬「ナノマシン」を開発。

その挑戦の軌跡は多くのことを
私たちに教えてくれます。


   ─────────

鼎談
「三十八年、願いの中に生きてきた」

横田 滋(拉致被害者家族)
     ×
横田 早紀江(拉致被害者家族)
     ×
佐藤 佐知典
(東京都立川市立立川第七中学校教諭)


横田めぐみさんの拉致事件から
38年の月日が流れたいま、
ご両親である横田滋さん、
早紀江さんご夫妻、
その活動を長年支え続けた
東京都立川市立立川第七中学校教諭の
佐藤佐知典さんに、現在の思いを
語り合っていただきました。

ご夫妻が歩まれた
苦難の道のりを思う時、
一刻も早い問題解決を
ただ祈らずにはいられません。



※村上和雄氏がホスト役を務める
 人気連載「生命のメッセージ」。
 今回登場されるのは、
 元テニスプレーヤーの
 杉山愛さんです。お見逃しなく!




 『致知』のお申し込みはこちらから
   
     ↓   ↓  

致知出版社編集部ブログ



”『致知』を1年間、お届けします