松下幸之助が詠んだホトトギスの句

「経営の神様」として世界的に知られる松下幸之助。その松下幸之助の薫陶を受けながら、松下電器産業(現・パナソニック)の本社経営企画室にて、本社事業計画をはじめ主要商品プランニングを担当し、現在は経営コンサルタントとして広く活躍している中博氏。中氏が語る松下幸之助の経営の神髄、日本企業がこれから進むべき道とは――。

松下幸之助に学んだ「融通無碍」の柔軟な精神

幸之助さんがよくおっしゃっていたのは、人生においても、経営においても、自らの人間力や経営理念といったしっかりした足腰、土台をつくるとともに、何事にも「融通無碍」の柔軟な精神で対処していくことの重要さです。

幸之助さんは、信長や秀吉、家康の「ホトトギス」の句について、

「ホトトギスを鳴かせることに拘るから殺せとなる。でも、拘らなかったら鳴かんでもいいでしょう? 鳴かずんばそれもまたよしホトトギス」

とおっしゃっていますが、これなどまさに融通無碍の精神そのものです。

幸之助さんがおっしゃったように、移り変わる四季や様々な自然災害の中で生きてきた日本人には、環境の変化に柔軟に対処していく精神性が備わっています。公害が社会問題になった時にも、日本は世界に先駆けて世界一の省エネ技術を生み出しました。

日本精神を取り戻し、世界に冠たる製品を生み出す

そして、私自身が松下電器の現場で学んだように、日本人にはコップ一つつくるにしても、どうすれば快適に暮らせるか、人が幸せになれるかという、優しさや微小なものへの美意識、自然に共感する心があります。この心は本居宣長や小林秀雄がいった、「大和心」「もののあわれ」にも通じるといってよいでしょう。

そのような融通無碍の精神性や大和心を、日本人がいま一度取り戻し、先端技術に挑戦していけば、アメリカや中国とは違った、世界に冠たる経営、製品を必ず実現できるはずです。

 実際、いま世界的なIT企業が、こぞって経営に取り入れているのは、MBAではなくて、マインドフルネス(瞑想)といった日本人の知恵、考え方なのです。

 ※(本記事は『致知』2018年3月号掲載記事の一部を抜粋したものです)

著者紹介

◇中博(なか・ひろし)

━━━━━━━━━━━━━━━

昭和20年、大阪市生まれ。京都大学経済学部卒業後、松下電器産業(現パナソニック)に入社。本社経営企画室にて、本社事業計画をはじめ主要商品プランニングを担当。また、関西経済連合会に若くして主任研究員として出向。その後数々の話題を残したビジネス情報誌「The21」創刊編集長を経て独立、経営コンサルタントとなる。現在は、経営コンサルティングを務めるとともに、若手経営者を育成する「中塾」を主宰。

人間力を磨きたいあなたのお手元に、
『致知』を毎月お届けします。

人間学の月刊誌 致知とは