東京タワーを一躍人気スポットにした石井幹子さん

仕事論


日本の照明デザインの第一人者・
石井幹子さん。

東京タワーをはじめ、日本各地に
夜景スポットを生み出し続ける
石井さんに注目です。

───────「今日の注目の人」───

石井 幹子(照明デザイナー)
    ×
村上 和雄(筑波大学名誉教授)

※『致知』2017年8月号【最新号】
※連載「生命のメッセージ」P110

───────────────────

【村上】
ところで石井先生は
照明デザイナーの道に入られて、
もうどれくらい経ちますか。


【石井】
これがなんとですね、もう50年近く
照明ばかりやってきました。

いまでこそ皆さんにご理解
いただけるようになりましたけど、
最初の頃は照明デザイナー
なんて言っても、なかなか
分かってもらえませんでしたね。

石井さん村上先生

【村上】
そういう言葉が、
当時の日本にはまだなかったわけだ。


【石井】
ええ。ですから、シャンデリアを
デザインする人ですかとか、
舞台照明をやる人ですかと、
よく言われていました(笑)。


私は建築空間の照明から入って、
だんだんと範囲が広くなって
いくうちに都市空間の照明を
手掛けるようになりましたけど、
私の仕事がどういうものかを
知ってもらう上で、一番分かり
やすかったのは東京タワーでしょうね。


あまり人気のなかった
東京タワーを平成元年に
照明して以来、すっかり
人気スポットになりました。

東京タワーの照明が
照明の効果を証明した
と言われましたし、実際のところ、
東京タワーの夜景が見える
というだけですぐにマンションの
借り手や買い手が現れるようになって、
港区内の地価がかなり上がったんですよ。


【村上】
それはすごいな。


【石井】
当時は東京タワー現象なんて
呼ばれましたけど、
これがきっかけで夜景に
価値があるということが、
やっと皆さんにも分かって
いただけたと思います。

おかげさまで、その後は
レインボーブリッジをはじめ
瀬戸大橋、明石海峡大橋など、
当時盛んにつくられていた
大型橋梁の照明をほとんど
やらせていただきました。

いま改めて数えてみると、
だいたい30橋くらいですね。
 



※日本だけでなく世界の夜景を
 美しく彩る石井さんの
 仕事力の原点とは?
 続きは本誌でお楽しみください。