元プロテニスプレーヤー杉山愛さんの母が語る、一流選手になるために必要な資質

プロテニスプレーヤーとして世界を舞台に活躍した杉山愛選手。その躍進を支えたのが、実の母である杉山芙沙子さんでした。自ら一流選手を育てる傍ら、他の一流選手を育てた親たちにも興味をむけられた芙沙子さんは、のちに一流選手になるために必要な人間的資質を見つけられたと言います。いったいどのような共通項があるのでしょうか。

当時17歳の杉山愛さんが見せた人間的な成長

子供が一流選手になるためには、資質というものも当然必要になってきます。特に世界を視野にいれた場合、ある程度高いスキルが求められるわけですが、それだけでは闘っていけないこともまた事実です。

 そこで問われるのが何かと言うと、人間力です。人を思いやれる心とか、人に感謝できるといった人間的資質も磨いていかなければなりません。

 実際、若手アスリートの親御さんから話を聞いたところでは、自分の子供が10代の頃にどこかの大会で優勝できたから「この子はプロに行ける」と思った方は誰もいませんでした。何が決め手になったかというと、もっと人間的な部分で「あっ、この子はプロの世界でやって行ける」と思う瞬間があったというのです。

 愛の場合もそうでした。これは彼女が2年間通信制高校で勉強していた時のことです。提出したレポートが戻ってきた際、先生のコメント欄には「このレポートはおまえが書いたんじゃないだろう」という趣旨のことが書かれていました。当時はまだメールがなかったので、国際郵便の時代でした。彼女は世界のツアー大会を回りながら、疲れて眠い時でも一所懸命レポートを書いていたのを見ていただけに、「これはないだろう」と思い、彼女に見せるか見せないか悩んだことがありました。

 結局、見せることにしたのですが、それを見た彼女がひと言「ママ、この先生、可哀想だね。きっと何人もの人に裏切られてきたんだよね」と口にしたのです。そして「きっといいレポートだなと思ったら、何年か前の先輩のものだったり、どこかのコピペだったり、きっといろんな目に遭ったんだよ。可哀想な先生だね。まぁいいじゃん」と。

 私は驚きました。これだけきちっと相手の立場に立ってコメントができること。その先生がどう評価しようと自分で書いたことに間違いはないわけで、大局的に問題ないことを無視できる判断力。当時の彼女は17歳でしたが、私はこのコメントを聞いて「これなら、この子はきっとプロでやっていける!」と感じたのです。自分の子供ながら、きっと魅力的な選手になるだろうなと思ったものです。

☆こちらの記事も好評です⇒柔道・井上康生を絶対的エースに育てた父親の指導法とは?」

目標を決めて、コツコツ積み重ねていく

これも人間的な資質に関することですが、普段の生活が競技を大きく左右することも確かです。例えば玄関のシューズを揃えるとか、ランドセルをいつも同じ場所に片づけるといったことができない子供は、自分の頭を整理した行動を取ることが難しいので、試合でも実力を発揮できません。

人間は毎日がよい日ではなく、調子のよい日があれば悪い日もあります。当然、調子の悪い日に試合があたることもあるわけで、そういう時にも実力を発揮できるかどうかは、普段の生活にかかっているというわけです。

「自分は毎日、本を15分読むんだ」という具合に、どんな小さなことでも毎日これをやるんだと目標を自分で決めて、コツコツ積み重ねていくと、その子に自信が生まれるということもあります。小さなことの積み重ねは、やがて目に見えない自信に繋がっていくのです。

 ※(本記事は『致知』2016年1月号特集「一流選手を育てる親の共通項」を一部、抜粋したものです)

 ◇杉山芙沙子(すぎやま・ふさこ)

昭和24東京都生まれ。聖心女子大学卒業。テニスコーチとして、娘の杉山愛選手をはじめ、多くのジュニア選手を育成。NPO法人パームインターナショナル湘南代表理事。

『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。
まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。

※お気軽に 1年購読 10,300円(1冊あたり858円/税・送料込み)
※おトクな3年購読 27,800円(1冊あたり772円/税・送料込み)

人間学の月刊誌 致知とは

人間力・仕事力を高める記事をメルマガで受け取る

その他のメルマガご案内はこちら