人を育てる10の心得


日本一のおもてなしと称される
石川県の名旅館・加賀屋。

最高のおもてなしを演出する
ための、人育ての極意とは?

───────「今日の注目の人」───

☆ 人を育てる10の心得 ☆

小田 真弓(和倉温泉 加賀屋女将)

※『致知』2017年4月号【最新号】
※特集「繁栄の法則」P22

───────────────────

──これまで数多くの社員を
  育ててこられたと思いますが、
  人を育てる上で大事なことは何ですか。

まず前提として挙げられるのは、
「現場に宝物あり」ということですね。

やはり現場にいなければ
分からないことがたくさんありますから、
私は極力玄関に立ち、廊下を歩いて、
危ないな、よくないなと思うことは
すぐに注意して直させているんです。


その上で、客室係を育てる上で
大切だと感じていることは、
10項目あります。


小田さん


1つ目は、笑顔で相手の
いいところを褒めてあげる。

ここでのポイントは
「ありがとう」と言うことです。

よく「ご苦労さん」って
言うことがありますけど、
どうしても上から目線での
物の言い方になりますから、
私は「ありがとう」とか
「ご苦労様でした。ありがとう」
と言うようにしています。


2つ目は、注意する時は
言い方に気をつける。

「あんた、こんなことしてダメよ」
って頭ごなしに叱っても、
いまの子は「何よ、あの言い方」
「全然私の気持ちを分かってくれない」
と反発するだけですから、
相手の言い分をまず聞き、
「こんないい面を持っているけど、
これだけは気をつけてね」と注意します。


3つ目は、相手との…



※有名旅館の女将が実践する
 人を育てる10の心得。
 気になる続きは本誌で!