井村流 3つの叱るコツ

リーダー論

過去に選手を率いた9度のオリンピックで、
すべてメダル獲得に成功してきた井村雅代さん。
世間では“鬼コーチ”と評される井村さんの
指導法から、叱るコツを学びます。

井村 雅代(シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ)
───────────────────   
※『致知』2018年1月号
※特集「仕事と人生」P10

───────────────────

いま、スポーツ界で叱る教育の代表といえば、
すぐに私の名前が挙がります。

でも、私の中では叱っているという意識は全くありません。

下手だから下手、ダメだからダメ。
本当のことを言っているだけなんです。

そして本当のことを言ったら、私は必ず直す方法を言います。

一つの方法だけでは直りませんから、今度はこうやってごらんと、
どんどん次の直し方を言う。そして直ったと思ったら、
「それでいいよ」とちゃんとOKを出すんです。

でも取材に来られるマスコミの方は、私が怒っているところばかり撮るから、
ああいう恐ろしい映像になるんです(笑)。



ここで皆さんに叱るコツをお教えするならば、
叱る時はまず現行犯で叱ってください。

いまのそれがダメなんだって言われたら、人間は反省します。

「君、この前も同じことを言ったよ」と古いことを持ち出してはいけません。

これをやられると、いまやったことへの反省が薄れてしまうんです。
もう一つしてはいけないのは、しつこく叱ること。
それは本人の自己満足で、聞いている人は
「もう分かったよ」って嫌気が差してくるんです。

現行犯で叱ること、古いことを持ち出さないこと、しつこく叱らないこと。
この三つの叱るコツをぜひ覚えてください。

そして、叱る時は本気でかかってください。

相手がどんなに小さなお子さんでも、
自分に本気でぶつかってくれているかどうかは分かるんです。

中途半端に叱るくらいなら、最初から知らん顔をしているほうがましです。

叱るとは、いま自分の目の前にいるこの人は、絶対にこのままでは終わらないんだ。
いまの状態よりも必ずよくなるんだと、その人の可能性を信じることなんです。


だから本気でぶつかり、よくなるまであの手、
この手で引き上げようとする。
叱るとは、その子の可能性を信じるということなんです。

───────────────────
◆一流人の生き方、考え方が満載◆
人間学誌『致知』のお申し込みはこちら

───────────────────