【本日最終日!】心の糧になる雑誌を創ろう 『致知』38年の歩み

生き方


 新春お年玉キャンペーン開催中!!
   ≪限定特典プレゼント付は本日まで!!
    詳しくは こちら!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間学誌『致知』38年前に創刊された。


創刊時、こんな堅い雑誌は誰も読まない、
と多くの人から言われた。

しかし、

「いつの時代でも仕事にも人生にも
 真剣に取り組んでいる人はいる。
 そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう」

という理念を掲げて38年、
堅い、難しいと言われながらも、
『致知』は徐々に多くの読者に
支えられるようになり、いま多くの若者の
心もとらえる雑誌になった。

創刊時、不肖は30歳。

縁あってこの雑誌の編集に携わり、
31歳で編集長を拝命、
以後幾多の試練に見舞われながらも、
諸縁に恵まれ、今日まで
歩ませていただいた身には、
感無量の思いがする。

10年一区切り必死の2年、という。

物事が成功するには10年が必要だが、
ただ10年あればいいのではない。

その間、寝食を忘れた
必死の2年がなければ物事は成就しない、
という教えだが、編集長になった頃は
まさにそういう時期だった。

ある人が車の中で鼻歌を
歌い口笛を吹いているのを見て、
ああ自分はこの1、2年、
口笛など吹いたことがないと気づいた。


それほど仕事に打ち込んでいた。


一心不乱、無我夢中だった。


そしていま、思う。

38年たったいまも、
仕事に懸ける情熱は
いささかも衰えてはいない。

いや、当時に勝るとも劣らない情熱が、
いまなお燃えている。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最新号となる2月号の
特集テーマは「一生一事一貫」です。

「特集総リード」には、
38年間にわたり『致知』の編集に
心血を注いできた編集長の思いが
綴られています。


「いつの時代でも仕事にも人生にも
 真剣に取り組んでいる人はいる。
 そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう」


この理念のもと、『致知』をこれからも
毎月コツコツと発刊し続けてまいります




2016年 新春お年玉キャンペーン


 嬉しい特典がもらえる!
   本日23時59分までの限定企画
   詳しくは→こちら!
!!


期間中に、月刊誌『致知』の定期購読を、
新規でお申し込みいただいた皆さまに、
以下の3点よりご希望の1点を 
もれなく全員にプレゼント


1.各界の一流プロフェッショナルたちが貫いてきた流儀とは?

『プロフェッショナル100人の流儀』
(藤尾秀昭・監修)



2.偉人伝ってこんなに面白かったのか!
子どもたちが目を輝かせて聞く偉人の話
(平 光雄・著)



3.古今東西の先達の名言に溢れた日めくりカレンダー
『心に響く先達の言葉カレンダー』
(藤尾秀昭・監修)



    詳しくは→こちら!!


※キャンペーンは本日までとなります。
 お申し込みはお早めに!




『致知』2月号のテーマは

「一生一事一貫」





 『致知』のお申し込みはこちらから
   
     ↓   ↓  

致知出版社編集部ブログ



  公式HPはこちら


今年も一年、よろしくお願いいたします