【いよいよ明日まで】大いなる希望への出発点

トピックス

同年代の五木さんと稲盛さんががっぷりよつで
語り合う珠玉の人間学講座『何のために生きるのか』。
本日もお年玉キャンペーン対象商品である
本書から、その一部をご紹介します!

───────────────────

※新春お年玉キャンペーンは明日まで!
 ≪限定特典プレゼント付≫
https://www.chichi.co.jp/special/otoshidama-2018/index_nr.html
───────────────────
『何のために生きるのか』(五木寛之/稲盛和夫・著)
───────────────────



【五木】
稲盛さんのお話をうかがっていて羨ましいなと思うのは、
ネガティブにネガティブに考えていたのを
ポジティブな考えで取り組むようになったら
光が差しはじめたとおっしゃったことです。
僕はいまもずっとネガティブな考えを引っぱっていて、
「あのころと比べたら……」と考えてしまうわけですから。

【稲盛】
五木さんがそうおっしゃったので正直に申し上げますが、
根底にある宗教観とか哲学観は非常に似通っていて
共鳴する部分が多々あるのですけれども、
いまもお話にあったネガティブという点にだけは、
五木さんとは考え方が違うなと思ったんですね。

私はだんだん年がいくに従って、ますますポジティブに
明るく感謝して、という生き方になってきました。
一切ネガティブなことを考えまい、と。
それはネガティブなこころがネガティブなものを
呼び込むと考えるからなんです。

だからそのネガティブな見方があるのが気になっていました。
ですが、いまお話をうかがっていると、私とは比べものに
ならないくらい苦労された体験が原点にあるわけですね。
私の苦労など大したことではないなと感じました。

(中略)

【五木】
ですから、ネガティブな考え、ポジティブな考えというけども、
上っ面の明るさだけではだめなんですね。
むしろ絶望のどん底、真っ暗闇のどん底まで落ちてしまって、
そこからドーンと足を突いて飛び上がらないことには
光のほうに行けない。温室栽培の、24時間人工の光線に
照らされているところにて、そこに一条の光が雲間から
射してきたとしても、それを光明と感じて感激することはありません。

真っ暗闇のなかで、爪から血が滲むようにして希望を探している。
そこへ窓から一筋の光が射してくるから、
それを光明と感じて、人は感動するのです。

このことを考えると、暗闇のなかで光に合うということが
大事なんだと思います。ですから、僕の言うネガティブというのは、
大いなる希望への出発点なんです。

【稲盛】
ああ、それはすばらしい考え方です。

……続きは本書をお読みください。

───────────────────
『何のために生きるのか』がもらえる!
───────────────────
●2018年 新春お年玉キャンペーン●
https://www.chichi.co.jp/special/otoshidama-2018/index_nr.html
───────────────────
≪1/8(月) 23時59分までの限定企画≫

期間中に、月刊誌『致知』の定期購読を、
新規でお申し込みいただいた皆さまに、
以下の3点よりご希望の1点を もれなく全員にプレゼントします。

1.なぜ、彼らは一流と呼ばれるのか?
 『プロフェッショナル100人の流儀』(藤尾秀昭・監修)

2.700人の高校生が聞き入った伝説の講演録
 『日本のこころの教育』(境野勝悟・著)

3.15万部突破のベストセラー! 究極の人生論
 『何のために生きるのか』(五木寛之/稲盛和夫・著)

───────────────────
  ◆ 人間力を高める2018年に ◆
───────────────────
月刊『致知』定期購読のお申込みはこちら
https://www.chichi.co.jp/special/otoshidama-2018/index_nr.html

※お申し込み動機の欄には「人間力メルマガ」を選択してください

★ 1年間だけ購読する場合 ⇒ 10,300円(税&送料込み)
★ 3年間続けて読む場合 ⇒ 27,800円(税&送料込み)