10月1日より消費増税に伴い『致知』購読料金が変更になります。

お知らせ

本年10月1日から消費税率が変更となり、現行の8%から10%に引き上げられます。
これに伴い、『致知』の購読料を下記の通り改定させていただくこととなりましたのでご案内申し上げます。

 

<新料金>
1年購読
10,500円(税込・送料込)

3年購読
28,500円(税込・送料込)

単冊販売
1,100円(税込・送料別)
※単冊販売は定期購読者限定のサービスです

 

増税後の定期購読料は、10月1日以降にお申込みいただいた方が対象となります。 9月30日までにお申込みいただいた方には、増税前の定期購読料でお買い求めいただけます。

 

月刊誌『致知』のお申込を検討されているお客様は、増税前の9月30日までがお申込みのチャンスです!月刊誌『致知』は書店では販売しておりません。

★人間学を探究して41年間の月刊誌『致知』とは?

 

■各界の著名人から愛されている月刊誌『致知』

京セラ名誉会長 稲盛和夫氏や福岡ソフトバンクホークス球団会長 王貞治氏、臨済宗円覚寺派管長 横田南嶺氏など各界一流の方々に『致知』をご愛読いただき、応援いただいております。『致知』創刊41周年を機に、寄せられたメッセージをぜひご覧ください。

 

●稲盛和夫氏(京セラ名誉会長/日本航空名誉顧問)

心を高める探求誌『致知』、創刊四十一周年おめでとうございます。心を高める、とはどういうことなのか。それは生まれたときよりも少しでも美しい心を重ねつつ、生ある限り生き抜くことだと考えています。また、そのような美しい心へと、もって生まれた自分の心を変化させていくことこそが、我々が生きる目的です。『致知』が日本人の心の拠り所、そして人間の善き心、美しき心に光を当てる良書として、今後も燦然と輝き続けることを心より願っております。

●王貞治氏(福岡ソフトバンクホークス球団会長)

『致知』を愛読して十年以上になる。本当に世の中に必要な月刊誌だと思う。私は選手時代から監督時代まで、勝つためのよりベストな方法を常に考え続けてきたが、『致知』を読み続ける中で自分を高めること、人の生き方に学ぶことがいかに大切かを教えられてきた。他人を慮ることが難しくなったいまの時代だからこそ、人間学のエキスとも言える『致知』をもっと多くの人たちに読んでいただきたい。

    その他、各界著名人から寄せられたメッセージはこちらからもご覧になれます!