最新刊『二度とない人生をどう生きるか』

令和の時代を生きる若者たちへ贈る人生論。

『致知』編集長が綴ってきた200本を超えるコラムの中から、特に若い世代に〝これだけは読んでおいていただきたい゛と考える、心に火をつける五篇を厳選しました。

「人生のテーマ」がない25歳の若者と禅僧の問答に始まり、全盲聾(もうろう)にして初の東大教授となった福島智氏が持つ4つの資質、稲盛和夫氏、松下幸之助翁の珠玉の名言、人生に大切な2本のレール「熱と誠」の話など、二度とない人生を輝かせて生きるヒントに満ちています。

本書を企画したのは入社3年目、25歳の女性編集者。人間学と出会い、人生観が大きく変わったという実体験から本書は生まれました。ゆとり教育の名のもと、「自由」「個性」「ありのままに」といった生き方を尊重されてきた若い世代にとって、学校では教わらなかった「人生で本当に大切なこと」を学べる一冊となることでしょう。各章には、武田双雲氏のエネルギーほとばしる書も添えられ、読み手の心を熱くしてくれます。

人は何のために生きるのか、二度とない人生をどう生きればよいのか――。
お子様やお孫様へのプレゼント、社員教育にもおすすめの一冊です。

幻の総リード「憤せざれば啓せず」(2000年7月号)をプレゼント
(非売品/ダウンロード)

定価=6,380円(税込)

学校では教わらなかった人生で大切なこと――。安岡正篤師、森信三師、渡部昇一氏……各界の哲人が若い世代に伝えたいと願った珠玉の訓えが凝縮されたセットです。

(1)【最新刊】『二度とない人生をどう生きるか』(藤尾秀昭・著、武田双雲・書)
   令和を生きる若き世代へ贈る5つの人生論。
(2)『はじめて読む人のための人間学』(藤尾秀昭・著)
   最も分かりやすい人間学の入門書。
(3)『渡部昇一の少年日本史』(渡部昇一・著)
   若い世代に向けて綴った日本通史の決定版。神話から現代まで、この1冊ですべてが学べます。
(4)『若き友への人生論』(森信三・著)
   人間の生き方を問い続けた哲人が若き友に説いた人生論。
(5)『青年の大成』(安岡正篤・著)
   碩学・安岡正篤師が青年たちのために説いた人生の大則。


【10/30まで】期間限定特典をプレゼント中

幻の総リード「憤せざれば啓せず」(2000年7月号)
(ダウンロード/非売品)


『致知』2000年7月号に掲載された『致知』編集長の幻の総リードをプレゼントいたします。(非売品/ダウンロード)

書籍と一緒に読み進めることで、新たな気づきが得られることでしょう。

※特典は、商品購入時の自動返信メールに記載しておりますダウンロード用URLからご自身でダウンロードください。
※書籍には同封されませんので、あらかじめご了承ください。



幻の総リード「人生の秘訣」(1997年10月号)をプレゼント!
(非売品/ダウンロード)

定価=4,620円(税込)

「人間学」という言葉は知っているけれど、何から読んでいいのか分からない……という方にぴったりの4冊をセレクトしました。人間学の真髄が分かりやすい言葉で綴られており、社員教育やお子様、お孫様へのプレゼントにもおすすめのセットです。

(1)【最新刊】『二度とない人生をどう生きるか』(藤尾秀昭・著、武田双雲・書)
   令和を生きる若き世代へ贈る5つの人生論。
(2)『はじめて読む人のための人間学』(藤尾秀昭・著)
   最も分かりやすい人間学の入門書。
(3)『生き方のセオリー』(藤尾秀昭・著)
   一流プロ6,000人以上の取材を通して得た人生の成功法則とは何か。
   あらゆる仕事、あらゆる人の生き方に共通する万古不変のセオリーとは何か――。
(4)『小さな経営論』(藤尾秀昭・著)
   『致知』編集長一度きりの講話録。

【10/30まで】期間限定特典をプレゼント中

幻の総リード「人生の秘訣」(1997年10月号)をプレゼント!
(非売品/ダウンロード)

『致知』1997年10月号に掲載された『致知』編集長の幻の総リードをプレゼントいたします。(非売品/ダウンロード)。

短い文章の中に、いまこそ学びたい生き方の極意が示されています。
※特典は、商品購入時の自動返信メールに記載しておりますURLから御覧ください。
※書籍には同封されませんので、あらかじめご了承ください。


単冊でもお求めいただけます

【こちらもおすすめ】藤尾秀昭著作一覧


著者プロフィール

藤尾秀昭(ふじお・ひであき)

昭和53年の創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。54年に編集長に就任。平成4年に致知出版社代表取締役社長に就任。現在、代表取締役社長兼編集長。『致知』は「人間学」をテーマに一貫した編集方針を貫いてきた雑誌で、平成30年、創刊40年を迎えた。有名無名を問わず、「一隅を照らす人々」に照準をあてた編集は、オンリーワンの雑誌として注目を集めている。主な著書に『小さな人生論1~5』『小さな修養論1~4』『小さな経営論』『心に響く小さな5つの物語I~II』『プロの条件』『安岡正篤 心に残る言葉』『ポケット名言集「小さな人生論」』『活学新書「ポケット修養訓」』『人生の大則』『長の十訓』『小さな人生論ノート』『心に響く言葉』『生きる力になる言葉』『生き方のセオリー』『人生の法則』(いずれも致知出版社)などがある。


閉じる