日本で唯一の人間学を学ぶ月刊誌『致知(ちち)』は、今年創刊46年、定期購読者は11万8千人に及びます。

「いつの時代でも仕事にも人生にも真剣に取り組んでいる人はいる。
そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう」


との創刊理念に基づき、46年にわたり、有名無名やジャンルを問わず、
各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を毎号紹介しています。


7/3からいよいよ新紙幣が発行されました。

1万円札にデザインされる肖像は、ご存じの通り「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一。

月刊『致知』では、2022年3月号にて「渋沢栄一に学ぶ人間学」をテーマに、
一冊まるごと渋沢栄一の特集を組み、大変反響を呼びました。

今回の新紙幣発行を記念して、
期間中にご紹介をきっかけに月刊誌『致知』の定期購読をお申込み頂くと、
ご紹介様・お申込者様へ2022年3月号『渋沢栄一に学ぶ人間学』をプレゼント!


是非、この機会に、仕事や人生を繁栄発展に導く〝心の糧〟となる言葉と
出逢っていただけましたら幸いです。

定期購読のお申込みはこちら

※[申込動機] は「①知人のすすめ」を選択の上、[動機詳細] に「ご紹介者名」をご入力ください。
「ご紹介者名」をご記入いただくとご紹介者様にも特典をプレゼント!



渋沢栄一の入門書にして永久保存版の一冊

【対談/渋沢栄一が目指した世界とは何か】
「渋沢栄一が歩んだ道」
井上 潤(渋沢史料館館長)×北 康利(作家)

【対談/2人のベストセラー作家が語り合う】
「人生や仕事に生かす渋沢栄一の教え」
齋藤 孝(明治大学文学部教授)×守屋 淳(中国古典研究家)

【エッセイ/渋沢栄一の曽孫が語る家族ドラマ】
「渋沢家を支えた人々の生き方」
渋沢雅英(渋沢栄一記念財団相談役)

【対談/WBC世界一の原点ここにあり】
「人間力を高める『論語と算盤』の言葉」
栗山英樹(侍ジャパントップチーム監督)×安岡定子(郷学研修所・安岡正篤記念館理事長)

【対談/いま求められる経営者としてのあり方】
「渋沢栄一に学ぶリーダーの条件」
宮本洋一(清水建設会長)×渋澤 健(シブサワ・アンド・カンパニー代表)

【我が心の渋沢栄一】
鮫島純子(エッセイスト)/渋沢寿一(NPO法人 共存の森ネットワーク理事長)/篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)/佐藤 等(ドラッカー学会理事)/高橋史朗(モラロジー道徳教育財団 道徳科学研究所教授)/奥野宣之(文筆家)

他にも、
「渋沢栄一名語録30選 ~人生繁栄の法則~」「人格形成の土台にある2つの体験」「渋沢栄一が持っていた3つの魔とは」「生涯の師と仰いだ人物とその教え」「晩年に好んで揮毫した言葉」など、読みどころ満載です。

日本が世界に誇る偉人の生き方、考え方、人間的魅力の源泉を深く学べるでしょう。
渋沢栄一の入門書にして永久保存版の一冊。

  1. キャンペーン期間

    令和6年7月3日(水)~7月23日(火)

  1. 対象

    ①ご紹介で『致知』の定期購読を新規にお申込みの方 ②ご紹介者様

    ※お申込時にご紹介者名をご記入いただくとご紹介者様へも特典をプレゼントいたします。

  1. 特典

    2022年3月号『渋沢栄一に学ぶ人間学』

    ※お申込者様への特典は初回号に同封いたします。

     お申し込みの状況によっては発送が遅れる場合がございますので予めご了承ください。

     また、大変恐れ入りますが、現在海外にお住まいの方は特典発送の対象外となります。

    ※ご紹介者様への特典は、後日別送いたします。

     (お申し込み時、動機詳細欄にご紹介様のお名前を入力いただく必要がございます。)

    ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

  1. 購読料

    1年:11,500円

    (1ヶ月あたり958円/定価14,400円のところ2,900円引き)

    3年:31,000円

    (1ヶ月あたり861円/定価43,200円のところ12,200円引き)

    ※電子版付きプランは、Wプランのみ特典をお送りします。(8月上旬発送予定)

     電子版のみのプランは特典号を電子版でご覧になれます(https://magazine.chichi.co.jp/issues/2022/03/)。

     現物での発送は対象外となりますのでご注意ください。

    ※税込・送料サービス

申し込みはこちら

※[申込動機] は「①知人のすすめ」を選択の上、[動機詳細] に「ご紹介者名」をご入力ください。
「ご紹介者名」をご記入いただくとご紹介者様にも特典をプレゼント!

お客様から届いた喜びの声

  • 村松大輔氏(群馬県)

    『致知』は、私にとって自分自身を高める『生き様の宝箱』になっています。苦労している人や人生を切りひらいてきた人たちがどういう考えでいまに至るのか、その人たちの熱意や思い、人生の味わいを知ることができます。

  • 渋江志織氏(山梨県)

    難しい内容もありますが、誌面を通して様々な人との出逢いがあります。会うことができないような遠い存在だと思っていた偉人にも、会えるような感覚です。

  • 橋詰いづみ氏(ドイツ在住)

    私にとって『致知』は自身を目覚めさせ、暗闇の道中、行くべき先を 懐中電灯のように照らしてくれる道しるべです。

  • 久田和義氏(東京都)

    『致知』や致知出版社の書物を読むことで、どれだけ視野が広がり、人間観が高まったことでしょう。一方で年齢を重ねれば重ねるほど自分の無知を思い知らされます。これからも『致知』を読み続けることで己の無知を戒め、自分自身をさらに磨いていきたいと思います。

各界を代表する著名な識者の方々から声

  • 福岡ソフトバンクホークス球団会長

    王 貞治 氏

    『致知』と出会ってもう15年以上になる。人は時代の波に振り回されやすいものだが、『致知』は一貫して「人間とはかくあるべきだ」ということを説き諭してくれる。人生において、そうしたぶれない基軸を持つということがいかに大事であるか、私のような年代になると特に強くそう感じる。最近では若い人の間にも『致知』が広まっていると聞く。
    これからは私も『致知』に学ぶだけでなく、その学びのお裾分けを周りの方にしていきたいと考えている。

  • スポーツキャスター

    松岡 修造 氏

    僕と『致知』との出会いは1995年、ウィンブルドンベスト8に入った年だ。『致知』は僕に世界で戦うために必要な“精神”を教えてくれた。そして今『致知』から学んだことを応援という形でたくさんの人達の心に響く言葉として、これからも伝え続けたい。

  • セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問

    鈴木 敏文 氏

    気がつけば『致知』とは創刊当時からの長いお付き合いとなります。何気ない言葉が珠玉の輝きとなり私の魂を揺さぶり、五臓六腑にしみわたる湧き水がごとく私の心を潤し、日常を満たし、そして人生を豊かにしてくれている『致知』に心より敬意を表します。

  • 銀座ろくさん亭主人

    道場 六三郎 氏

    父の想い出の中に、いつも枕元に修養書が有りました。今、私の枕元には『致知』が有ります。『致知』のおかげで安心して日送りが出来ます。私は店の者にも子供にも、『致知』は「人生航路の羅針盤」、また、どこへ流れて居るのか不安な時の「凧の糸」とも伝えています。風の流れ、世の流れ、何処に流れるのか、糸を手操れば足元に帰ります。料理の世界も同じ事。世界で泳ぎ基本に帰る。温故知新。人間の常識本、それが『致知』です。

なぜいま、紙で、定期購読なのか

脳科学の観点から、デジタルの文章は「情報として見るもの」、紙の文章は「五感を動かして読むもの」と言われています。
私どもの発行している『致知』は、ただ情報として目で追うものではなく、自分の生き方と照らし合わせて、「五感を動かして読んでほしい」という想いを込めています。
そのため、私たちはこのデジタル化の時代に、あえて紙媒体にこだわりを持って出版しています。

現代のようなデジタルメディア全盛の時代では、自分の興味分野にばかり目が向かい、「視野を広げる」「視座を高める」といった学びがなかなか難しい環境にあります。
そんな中、分野を問わず、厳選された良質な記事を年間でお届けする『致知』は、読み続けることで自然と自分の興味・関心の幅を広げてくれる、という声を実際にお客様からいただくことが多くあります。
市販されているものだと、その号のテーマに興味がなかったり、自分が忙しい時には、つい敬遠してしまいがちです。
その点、定期購読の場合は自分の都合に拘らず、決まった日に必ず届くため、読書する機会を確保しやすいでしょう。
日々忙しく過ごされている人にこそ、お薦めしたいのが『致知』の定期購読です。

最新号のご案内

最新号 7月1日 発行/ 8 月号