名言・格言に学ぶ人間学 経営者の名言

  • すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

    永守重信(日本電産社長)

  • 自ら“出来る”と信じた時に、その仕事の半分は完了している

    永守重信(日本電産社長)

  • 闘ったら必ず勝て

    樋口武男(大和ハウス工業会長・CEO)

  • 人の道を守らない人間、親を大事にしない人間、恩ある人に砂をかける人間に、運はついてこない

    樋口武男(大和ハウス工業会長・CEO)

  • 決断の前には議論を尽くすが、これと決まったら絶対やる

    鈴木茂晴(大和証券グループ本社会長)

  • 成功とは99%の失敗に支えられた1%

    本田宗一郎(ホンダ創業者)

  • 若さとは困難に立ち向かう勇気、枠にとらわれずに新しい価値を生む智恵である

    本田宗一郎(ホンダの創業者)

  • 私は人のやらないことをやろうと考えています。やれそうもないことを成し遂げるのが仕事というものとちがいますやろか

    安藤百福(日清食品創業者)

  • 他社にまねされる商品をつくれ。まねが競争を生み、技術の底上げをし、やがては社会の発展につながる

    早川徳次(シャープ創業者)

  • 金がないからできないという人は、金があってもできない

    小林一三(阪急電鉄創業者)

  • 傲慢な人間は他人の意見に耳を傾けない。自信のある人間は異論を歓迎し、素直に耳を傾ける勇気を持っている

    ジャック・ウェルチ(アメリカの実業家・GE会長)

  • 自分の胸を三度叩いて、正しいと思ったことはやる。組織の力に負けて、口をつぐんでいても事態は改善しない

    中條高徳(アサヒビール名誉顧問)

  • 自分との約束を守り、内なる自分と信頼関係を築く

    河原成美(ラーメン「一風堂」社長)

  • 自分で考えて工夫してやるのが仕事

    和地孝(テルモ名誉会長)

  • 虫の目、鳥の目、魚の目

    牛尾治朗(ウシオ電機会長)

  • 新しい道を切り拓く時、まずは一発撃ち込むしかない。とにかく行動を起こすのだ

    桜井正光(リコー会長)

  • 人間須(すべか)らく正道を歩け

    石坂泰三(元東芝社長・第二代経団連会長)

  • 信用というブランドを構築するには十年かかる。しかしそのブランドを失うのはたった十秒

    藤居寛(帝国ホテル顧問)

  • 変えるべきものを変え、変えてはならないものを守る

    小林哲也(帝国ホテル会長)

  • リーダーは我が身を削って周りを明るく照らすろうそくとなり、人の役に立たなければならない

    宮端清次(はとバス元社長)

  • ピンチはチャンスだ、ありがとう

    加治敬通(ハローデイ社長)

  • 青年の処世上最も大切なことは、やりかけた仕事は万難を排して必ずやりとげるという徹底心である

    出光佐三(出光興産創業者)

  • 人生は克己の二字にある。これを実行するところに成功があり、これを忘れるところに失敗がある

    安田善次郎(安田財閥の創設者)

  • 自分の生活とともに、自分の職場をも「自分の城」として守り抜かねばならない

    石田退三(トヨタ自動車元社長)

  • 一所懸命やらなかったことが失敗、やってだめだったことは失敗じゃない

    髙井明(ジャパネットたかた創業者)

  • 理想を持て、夢を持て、志を持て

    越智直正(タビオ会長)

  • どんな事業でも、最後に決着をつけるのはその人の人格

    越智直正(タビオ会長)

  • 天は各人が乗り越えられる問題しか与えない。 人生で起きる問題はすべて糧となる

    越智直正(タビオ会長)

  • 百決めたら百間違えないという気魄と精魂を込めてやる

    古森重隆(富士フイルム社長・CEO)

毎朝7時20分『致知』の名言を受け取る