セミナー・イベント・講演会 新春特別講演会『人間力を高める』

一覧へ戻る

年頭まず自ら意気を新たにすべし—。

 

安岡正篤師の金言にもあるように、

年頭の心構えが一年の帰趨を決すると言ってもよいでしょう。

 

恒例となっている新春特別講演会では今回も各界一流の講師をお招きしました。

会場を覆い尽くす独特の熱気に触れていただくとともに、

よき一年のスタートとなる機会にしていただければ幸いです。

 

皆さまのご参加を心からお待ちしております。

お申し込みはこちら

詳細情報

定員

1,100名(定員になり次第、申込受付を終了します)

参加費

16,000円(税込・お一人様/講演会&パーティー) 

会場

東京プリンスホテル

〒105-8560 東京都港区芝公園3-3-1

TEL. 03-3432-1111

●会場/鳳凰の間

スケジュール

■開演 12:50

■第1部 講演会 13:00~17:30

※休憩時間有り。

■第2部パーティー 18:20~19:45

※時間は変更となる場合がございます。

お申込みお支払いに関するご注意

●お申込みお問合せ

電話:03-3796-2115

●お申込みは先着順です。定員になり次第キャンセル待ちとなります。また、開催日の10日前を過ぎますとキャンセル返金は致しかねますのでご了承ください。


昨年の新春特別講演会にご参加された方々の声

  • 『致知』を愛読して早35年が経過しました。人生の約半分を共に歩んで来ましたが、新春講演会は初めて参加しました。我が女房の次にお付き合いの深い『致知』には感謝の気持ちでいっぱいです。地方自治体の首長として、数々の教えが大変役立ったことを申し添えます。

    長谷川盛雄さん/福島県

  • ライブで聞くことの素晴らしさを実感しました。エネルギーが満ち溢れ、言葉の持つ力、共有する仲間(『致知』愛読者)と共に学べたことに大変感動、感謝します。

    川嶋初代さん/愛知県

  • 今年も新春特別講演会で私の一年のよいスタートが切れました。いまの私の心境のせいなのでしょうか。日々の生活の中の幸せも、よき人となって人間力を磨き人格を高めていくことにあることを改めて感じました。まずは自らが周りの光になれるよう研鑽し、実行します。

    村山順子さん/兵庫県

  • 今回、初めて参加させていただきました。会社を立ち上げて一年少しでいろいろ悩んでいた時に話を聴くことができて、とても力をもらえました。また明日から頑張っていきます。

    梅田篤さん/兵庫県

  • 今回で3回目の講演会参加です。決して安くないお金(交通費含)を払ってまで自分自身を高めようとする人の多さに圧倒されています。『致知』40年の歩みを辿ったVTRを観て、最速涙ポロポロ。三講演すべて『致知』ならではの内容であったと思います。晴れ晴れとした気持ちで終わることができ、来た甲斐がありました。

    桑原淳一さん/新潟県

  • 大きな学びが得られた講演会でした。もっともっと多くの人が『致知』から学ぶことができれば必ず日本はよくなっていくと確信しています。

    後藤祐介さん/山形県


  • 本当に素晴らしい講演でした。生きる勇気、希望、知恵をいただきました。

    佐藤昌子さん/青森県

  • なかなかお会いできない先生方のお話、心に響きました。ただの主婦、されど主婦。また明日から頑張ります。

    岡野岸恵さん/群馬県

  • 最初は堅苦しいお話かと思っておりましたが、そうではなく一つ一つの言葉が心に深く沁み込み、頷きながら聴くことができました。70歳になりやや不安を感じておりましたが、勇気づけられました。

    中島厚子さん/埼玉県

  • 心が洗われました。各講演者の話も興味深く、時間があっという間でした。

    片上洋一さん/愛媛県


講師紹介

コシノジュンコ氏 演題「人生、これからや!」

デザイナー

大阪府岸和田生まれ。1960年代より数々のグループサウンズの衣装で活躍。日本万国博覧会(大阪万博1970)にて生活産業館、ペプシコーラ館、タカラ館の3パビリオンのユニフォームをデザイン。1978年から22年間、パリコレクションに参加。1985年北京での中国最大のショウをきっかけに、ニューヨーク(メトロポリタン美術館)、ベトナム、キューバ、ポーランド、ミャンマーなどでファッションの枠を超えた日本文化を発信するショウを開催してきた。DRUM TAOの舞台衣装や琉球海炎祭、花火のデザインも手掛ける。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会文化・教育委員、2025年国際博覧会誘致特使。2017年文化功労者。文化庁 「日本博」企画委員。

千 玄室氏 演題「茶の心」

茶道裏千家前家元

大正12年京都府生まれ。昭和21年同志社大学法学部卒業後、米ハワイ大学で修学。24年大徳寺管長後藤瑞巌老師について得度。39年千利休居士第15代家元を継承。平成14年家元を長男に譲り汎叟千玄室となる。ユネスコ親善大使、日本・国連親善大使、日本国際連合協会会長、茶道裏千家淡交会名誉会長など多くの役職を持つ。文化勲章受章。著書に『いい人ぶらずに生きてみよう』(集英社新書)などがある。

藤尾 秀昭 演題「先達に学ぶ」

致知出版社社長 

昭和53年の『致知』創刊時より編集に携わり、54年に編集長、平成4年に代表取締役社長に就任、現在、代表取締役社長兼編集長を務める。「いつの時代でも仕事にも人生にも真剣に取り組んでいる人はいる。そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう」という創刊の理念のもと、41年にわたり、月刊誌『致知』を発行し続けてきた。主な著書に『現代の覚者たち』『小さな人生論1~5』『心に響く小さな5つの物語Ⅰ・Ⅱ』などがある。

お申し込み方法

Webよりお申し込みの場合は、下記のボタンをクリックしお申し込みページへ移動してください。

お申し込みはこちら

閉じる