セミナー・イベント・講演会 第9回 社長の『徳望を磨く』人間学塾

一覧へ戻る

会社は経営者の「人間力」によって決まります。人間力の根底となるのは「徳望」です。本年も経営者および経営候補者を対象に、徳望を磨き人間力を高める経営塾を開催いたします。

一国は一人によって興り一人によって亡ぶ。

 

一国に限らない。会社も家庭も同じである。

 

その興亡の要となるもの —それが「徳望」である。

 

リーダーに必須の条件である。「徳望」は生まれつきではない。

 

学び、錬成するものだ。本塾はその「徳望」を

 

身に付けるための「入門塾」である。

 

詳細情報

日時

2019年10月~2020年3月

10:30~17:00(受付9:30~)

定員

100名

会場

KKRホテル東京

東京都千代田区大手町1-4-1

> アクセス方法はこちら

 

開催日程

第1講 10月24日(木)

第2講 11月21日(木)

第3講 12月17日(火)

第4講 1月21日(火)

第5講 2月19日(水)

第6講 3月10日(火)

一日のスケジュール

【第1部:講義】10301200

荒井 桂(公益財団法人 郷学研修所 安岡正篤記念館副理事長兼所長)

演題「『荀子』『孟子』の名言・卓論に学ぶ人間学」

 

【第2部:ゲスト講師ご講演】13001500

毎回、各界第一線で活躍されているゲスト講師をお招きして、

「私の経営哲学」をテーマにそれぞれの仕事観・人生観についてお話しいただきます。

詳しくは下記をご覧ください。

 

【第3部:討議&まとめ講話】15151700

藤尾秀昭(致知出版社社長)

演題「先達に学ぶ」

参加費について

◆受講料等詳細につきましては、パンフレットを郵送にてお送りいたします。

 下記のボタンよりお申込みください。

お申込みお支払いに関するご注意

お申込みの後ご請求書をお送りいたします。入金をもちまして受付完了となります。

カード決済をご希望の方は、オンラインショップにてお申込みください。

資料請求はこちらから

講師紹介

【第1部 講師】荒井 桂氏

公益財団法人 郷学研修所 安岡正篤記念館副理事長兼所長

演題「『荀子』『孟子』の名言・卓論に学ぶ人間学」

【あらい・かつら/プロフィール】
昭和10年埼玉県生まれ。33年東京教育大学文学部東洋史学専攻を卒業。以来40年間、埼玉県で高校教育・教育行政に従事。平成5年から10年まで埼玉県教育長を務める。在任中、国の教育課程審議会委員ならびに経済審議会特別委員等を歴任。16年6月より公益財団法人郷学研修所・安岡正篤記念館副理事長兼所長。安岡教学を次世代に伝える活動に従事。

【第1講 ゲスト講師】 鈴木 敏文氏

セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問

<演題>
「不可能を可能に変える経営哲学」
~わがセブン秘録~

既存の常識や習慣を打破して、日本最大のコンビニチェーン「セブン-イレブン」を創り上げた鈴木氏が、無から有を築いた挑戦の軌跡を語ります。

【第2講 ゲスト講師】 吉田 佳代氏

梅乃宿酒造社長

<演題>
「伝統産業に新風を吹き込む」
~自らを変え、未来をつくる~

100年以上の歴史を持つ奈良の酒造メーカー5代目社長して立つ吉田氏。社内に革新の息吹を吹き込み、業績を7倍に飛躍させた、その取り組みとは。

【第3講 ゲスト講師】 栗山 英樹氏

北海道日本ハムファイターズ監督

<演題>
「磨(ま)すれども磷(うすろ)がず」
~最強のチームをどうつくるか~

大谷翔平選手などの有力選手を育成し、チームを日本一にも導いた栗山監督。その実績に裏打ちされた「最強のチーム」づくりの要諦をお話しいただきます。

【第4講 ゲスト講師】 安藤 忠雄氏

建築家

<演題>
「人生は絶えざる挑戦」
~強い意志が道をひらく~

数々の逆境や試練を乗り越えて、世界を舞台に活躍を続ける安藤氏。いまなお盛んな創作意欲を湧き立たせる原動力とは何か。

【第5講 ゲスト講師】 大田 嘉仁氏

京セラ元取締役執行役員常務

<演題>
「JALの奇跡」
~稲盛哲学とその実践~

戦後最大の負債を抱えて経営破綻した日本航空(JAL)を、稲盛和夫氏と共に再生に導いた大田氏だから語り得る、JAL再生の奇跡。

【第6講 ゲスト講師】 桑村 綾氏

和久傳大女将

<演題>
「私の仕事と人生」

京都の老舗、和久傳を再建し、おもてなしの道を一途に追求してきた名女将・桑村氏に、仕事を遊びの境地にまで昇華させた歩みを語っていただきます。

【第3部 討議&まとめ講話】 藤尾 秀昭

致知出版社社長 

<演題>
「先達に学ぶ」

昭和53年の『致知』創刊時より編集に携わり、54年に編集長、平成4年に代表取締役社長に就任、現在、代表取締役社長兼編集長を務める。「いつの時代でも仕事にも人生にも真剣に取り組んでいる人はいる。そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう」という創刊の理念のもと、41年にわたり、月刊誌『致知』を発行し続けてきた。主な著書に『現代の覚者たち』『小さな人生論1~5』『小さな修養論1~2』『心に響く小さな5つの物語Ⅰ・Ⅱ』『人生の大則』などがある。

受講料お支払い方法

お申込受付後、ご請求書をお送りいたしますので、記載の期日までにお振込みください。
※ご入金をもちましてお申し込み完了とさせていただきます。
※カード決済をご希望の方は上記オンラインショップにて承っております。