• 社内木鶏会
  • 社内木鶏会

社内木鶏会について社内木鶏会について

社内木鶏会について

社内木鶏会とは社内木鶏会とは

社内木鶏会とは

月刊誌『致知』をテキストに、会社内で人間学を学ぶ勉強会が「社内木鶏会」です。現在、全国1,200社を超える企業様で導入いただいており、「社内が一体化した」「社風が良くなった」など、社業発展にお役立ていただいております。

メールでのお問合せ

ご質問などお気軽にお問い合わせください。
近日中にご返答致します。

個別相談予約フォーム

もっと詳しい説明をご希望の際は、
個別相談を承ります。

無料小冊子お申込み

事例集「社内木鶏でこうして会社が変わった」
をご希望の方はこちらから。

ご質問・ご相談はお気軽にお問合せ下さい。

社内木鶏事務局(担当:志藤・大崎)

電話 03-3796-2112
(受付時間:8:00〜20:00)

導入の3つのメリット導入の3つのメリット

導入の3つのメリット

私たちが目指す未来/私たちの使命/私たちの心構え

その1

社長の考えを深く理解できる

社員の人間力向上は、結果として社員が社長の思いに一体化することにつながります。
さらに、社長が社員の素晴らしさに気づき、感動、評価することで相乗効果を生みだします。

その2

社風がよくなる

小グループによる意見交換会は「美点凝視」、メンバー同士がお互いの素晴らしさに気づき、認め合い、尊敬するという雰囲気を作っていきます。

その3

真の人間教育ができる

『致知』を真剣に読み、感じたことを発表。感動・共感を繰り返すことにより本来、人間が持っている長所特性を磨き、高めていきます。

  • 社長の考えを深く理解できる
  • 社風がよくなる
  • 真の人間教育ができる

導入企業の声 社内木鶏会 導入企業の声

株式会社メンテックカンザイ

株式会社メンテックカンザイ(ビルメンテナンス業)静岡市
代表取締役社長 大滝 浩右様

大手製薬会社に勤めていた私が、父の跡を継ごうと、ビルメンテナンスを生業とする当社に入社したのは 二十五年前のことでした。しかし、その当時は、ビルメンテナンス業といえば典型的な3K(きつい、 汚い、危険)で、社員には全く仕事へのプライドが感じられず、経営会議でも誰一人メモすら取らない、 まるで企業の体を成していない状況でした。>> つづきはこちら

 

株式会社ヤマサコウショウ

株式会社ヤマサコウショウ(水産加工業)宮城県石巻市
代表取締役 佐々木 孝寿氏

宮城県石巻の地で水産加工業を生業とする当社は、祖父・孝彰によって昭和九年に創業されました。 魚の買い付けと卸を手始めに、父・一男の代に水産加工に乗り出し、平成二十一年に私が後を継いで 三代目社長を務めてまいりました。先代が会社の基礎をしっかり築いてくれていたこともあって、 経営面では古参の社員たちが経験の乏しい私を支えてくださり、 業績にも社員にも問題らしい問題はありませんでした。>> つづきはこちら

 

てまひま堂

てまひま堂
代表取締役社長 吉岡 靖雄氏

二十三歳からいくつかの事業経営に携わってきた私が、にんにく卵黄の製造・販売を行う 「てまひま堂」を創業したのは平成十三年、六十歳の時でした。しかし約七か月の産みの苦しみを経て、 どこにも負けない商品が誕生したものの、数年間は惨憺たる赤字。まさに七転八倒の苦しみです。 そんな時に、知人から贈っていただいたのが『致知』でした。>> つづきはこちら

社員の皆様の声 社員の皆様の声

IMG
メールでのお問合せ

ご質問などお気軽にお問い合わせください。
近日中にご返答致します。

個別相談予約フォーム

もっと詳しい説明をご希望の際は、
個別相談を承ります。

無料小冊子お申込み

事例集「社内木鶏でこうして会社が変わった」
をご希望の方はこちらから。

ご質問・ご相談はお気軽にお問合せ下さい。

社内木鶏事務局(担当:志藤・大崎)

電話 03-3796-2112
(受付時間:8:00〜20:00)

社内木鶏会導入までの流れ社内木鶏会導入までの流れ

導入までの流れ

よくある質問よくある質問

Q1.費用はいくらかかるのですか?
A.社員お一人につき『致知』年間購読料(10,300円/年)のみです。

Q2.開催頻度はどのくらいで行うのですか?
A.原則として毎月1回1時間です。

Q3.社内木鶏のサポートはどんなことをしてくれるのですか?
A.初回導入時は、社内木鶏担当スタッフが全て責任を持って進行させていただきます。
社員様にもわかりやすい社内木鶏の目的、やり方をしっかりとお伝えします。
ご安心の上、お任せください。(※サポート費用は一切かかりません)

Q4.社内木鶏を見学することはできますか?
A.社内木鶏見学・体験受入れ企業25社はじめ、全国に見学体験が可能な導入企業様が多数ございます。
ぜひ、お気軽にお問合せください。(TEL:03-3796-2112)

Q5.社員には『致知』が難しすぎるのではないか?
A.日頃使わない言葉や漢字が出てくるので、はじめは意味がわからなかったり
難しいと感じることがあると思います。
しかし、社内木鶏を通じて『致知』を読み続けることで、本嫌い、勉強嫌いだった社員様も
次第に『致知』が面白くなり、文章を読んで感動する心を養うことができた、
とこれまで多くの喜びの声をいただいております。

Q6.「社内木鶏」の「木鶏」とはどういう意味ですか?
A.中国の古典『荘子』にある言葉で、立派な闘鶏のいかなる敵にも動じないその様子が
まるで木彫りの鶏のようであったという故事に由来します。
転じて、何事にも動じず、常に平常心でいられること。また、いかなる境地にあっても、
自分の実力通りの力を発揮できる本物の人間のたとえにも使われる言葉です。

メールでのお問合せ

ご質問などお気軽にお問い合わせください。
近日中にご返答致します。

個別相談予約フォーム

もっと詳しい説明をご希望の際は、
個別相談を承ります。

無料小冊子お申込み

事例集「社内木鶏でこうして会社が変わった」
をご希望の方はこちらから。

ご質問・ご相談はお気軽にお問合せ下さい。

社内木鶏事務局(担当:志藤・大崎)

電話 03-3796-2112
(受付時間:8:00〜20:00)

Copyright 株式会社 致知出版社