致知出版社|人間学を探求して35年

2018年度新卒採用受付中

オンラインショップ

致知お申込み

セミナーのご案内一覧ページに戻る

一日セミナー『日本の偉人に学ぶ』 【募集中】

お申込み

[日程] 平成29年3月25日(土) 10時30分 ~ 17時10分【全4講】
               (受付:9時30分~)
[場所] 都市センターホテル5階 「オリオンの間」
[会費] 38,000円 ※お一人様/税別・昼食代含む
〔講師〕 ①吉田悦之氏(本居宣長)②童門冬二氏(徳川家康)
     ③渡部昇一氏(幸田露伴)④平井正修氏(山岡鉄舟)   



PHOTO

一日セミナー『日本の偉人に学ぶ』

「古典と歴史と人物の研究、
これを徹底しなければ人間の見識は磨かれない」。

碩学・安岡正篤師の至言です。

日本が誇る偉人たちはどんな志を抱き、
その生涯を歩んできたのか。
彼らの足跡と考え方に学ぶ本セミナーは、
見識とともに日本人としての自覚を深める一日となるでしょう。

※3月度講演会(致知人間学講演会)は、このイベントに振り替えとなります。

お申し込みはこちら

日 時 平成29年3月25日(土)
開 演 10時30分 ~ 17時10分 ※受付開始:9時30分~
会 場 都市センターホテル5階 「オリオンの間」
> アクセス方法はこちら
定 員 100名
※定員になり次第、申込受付を終了します。
受講料 38,000円
※税別・昼食代含む。
スケジュール ■9時30分~
 受付
■10時30分~10時40分
 開講挨拶
■10時40分~12時00分
 第1講 講師:吉田悦之氏(本居宣長記念館館長)
 <昼食 12時00分~12時45分>
■12時45分~14時 5分
 第2講 講師:童門冬二氏(歴史作家)
 <休憩 14時05分~14時15分>
■14時15分~15時35分
 第3講 講師:渡部昇一氏(上智大学名誉教授)
 <休憩 15時35分~15時50分>
■15時50分~17時10分
 第4講 講師:平井正修氏(臨済宗国泰寺派全生庵住職)
   

講師のご紹介


吉田悦之氏

第1講
本居宣長の歩いた道

吉田悦之氏(本居宣長記念館館長)

よしだ・よしゆき
昭和32年三重県生まれ。55年國學院大學文学部卒業。財団法人鈴屋遺跡保存会・本居宣長記念館研究員、主任研究員を経て、平成21年記念館館長に就任。



童門冬二氏

第2講
徳川家康に学ぶリーダの条件

童門冬二氏(作家)

どうもん・ふゆじ
昭和2年東京都生まれ。東京都庁にて広報室長、企画調整局長を歴任後、54年に退職。本格的な作家活動に入る。第43回芥川賞候補。平成11年勲三等瑞宝章を受章。著書は代表作の『小説上杉鷹山』(学陽書房)をはじめ、『人生を励ます太宰治の言葉』『楠木正成』『水戸光圀』(いずれも致知出版社)『歴史に学ぶ成功の本質』(ロングセラーズ)など多数。



渡部昇一氏

第3講
幸田露伴に学ぶ運命を高める道

渡部昇一氏(上智大学名誉教授)

わたなべ・しょういち
昭和5年山形県生まれ。30 年上智大学文学部大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.,Dr.phil.h.c. 平成13 年から上智大学名誉教授。幅広い評論活動を展開する。著書は専門書のほかに『歴史に学ぶリーダーの研究』『「修養」のすすめ』『中村天風に学ぶ成功哲学』『エマソン 運命を味方にする人生論』、CDに『勝者の条件』(最新刊)(いずれも致知出版社)などがある。公式ファンクラブ「昇一塾」(http://www.shoichi-juku.com)



平井正修氏

第4講
山岡鉄舟の遺訓に学ぶ

平井正修氏(臨済宗国泰寺派全生庵住職)

ひらい・しょうしゅう
昭和42年東京都生まれ。平成2年学習院大学法学部政治学科卒業。静岡県三島市龍澤寺専門道場入山。平成13年同道場下山。15年より中曽根元首相や安倍首相などが参禅する全生庵の第七世住職に就任。著作に『最後のサムライ 山岡鐵舟』(教育評論社)『囚われない練習』(宝島社)など。致知出版社より『山岡鉄舟 修養訓』を発刊予定。




お申し込み

HPよりお申し込み

以下のボタンをクリックし、お申し込みページへ移動してください。

お申し込みはこちら


電話でのお申し込み

受付時間:平日 午前9時〜午後8時

電話番号:03-3796-2115(担当:セミナー部)

受講料お支払い方法

お申込受付後、ご請求書をお送りいたしますので、記載の期日までにお振込みください。

※ご入金をもちましてお申し込み完了とさせていただきます。

※カード決済をご希望の方は上記オンラインショップにて承っております。

     

もっと「致知」を知りたい方はこちらから

  • 致知とは?
  • 各界リーダーのコメント
  • 今月の致知
  • 読者からの声

Copyright 株式会社 致知出版社