2015年7月号 | 致知出版社 公式サイト

致知出版社|人間学を探求して35年

オンラインショップ

致知お申込み

PHOTO

2015年7月号
特 集生きる力

今月号のお試し読みはこちら

定期購読についてはこちら

目次

巻頭の言葉
「誠は天の道なり 之を誠にするは人の道なり」 伊與田 覺(論語普及協会学監)

特集

生きる力

PHOTO

対談 組織の盛衰は長の器にあり

伊牟田 均(城山観光社長)
木浦信敏(なだ万社長)


PHOTO

対談 現役力に挑む

森本早苗(ポーラレディ)
岩本悦子 (ファッションアドバイザー・アイスホッケー選手)


『養生訓』に学ぶ生きる力の養い方

祖父江逸郎(長寿科学振興財団理事長)



インタビュー 我が国の伝統を継承する真の国際人を育てる

志道不二子(オンリーワン幼稚舎園長)


不安があるから喜びも大きくなる
長倉洋海(フォト・ジャーナリスト)
103歳の気概
大久保あい子 (一般社団法人倫理研究所参事)



PHOTO

対談 我ら、八十路も溌刺と生きん~生きる力の源泉~

堀 威夫 (ホリプロ創業者)
境野勝悟 (東洋思想家)


好評連載

私の座右銘

堤 剛 (サントリーホール館長)


第一線で活躍する女性

遠山敦子 (公益財団法人トヨタ財団理事長)


二十代をどう生きるか55

三戸岡道夫 (作家)


生涯現役

鮫島純子 (エッセイスト)


人生を照らす言葉74

鈴木秀子 (国際コミュニオン学会名誉会長)


生命のメッセージ82

篠浦伸禎 (都立駒込病院外科部長)
村上和雄(筑波大学名誉教授)


禅語に学ぶ13

横田南嶺 (円覚寺管長)


意見・判断44

島田洋一 (福井県立大学学術教養センター教授)


日本の教育を取り戻す26

占部賢志 (中村学園大学教授)


歴史の教訓

渡部昇一 (上智大学名誉教授)


大自然と体心

小野垣義男 (小野垣医院院長)


干支九星学

井上象英


小説・荻生徂徠12

童門冬二(作家)


致知随想

高嶋博視   日本帝国海軍の至宝 端久利雄の生涯
堤 孝雄   出会いの縁で育ちの種は開花する
大門和彦   人生に一攫千金はない
順田ひろみ  フーグァ 天からの授かり子
渡邉一美   利は元にあり
中尾正治   銀閣寺の大改築に思う


第五回社内木鶏全国大会in札幌グラビア


『心に響く小さな5つの物語』ニュース17


「致知と私」~読者から寄せられたお手紙~


まんが〈うちの社長の器学〉

神保あつし


致知出版社ニュース / こまく / 読者プレゼント / BOOKS[書評] / 書店員さんたちの創意工夫/  読者の集い/木鶏クラブ通信


PAGE TOP

ピックアップ

組織の盛衰は長の器にあり

伊牟田 均(城山観光社長)
木浦信敏(なだ万社長)


PHOTO

一昨年、開業50周年を迎え、全国に数あるホテルの中で常にランキング上位の評価を得ている鹿児島の「城山観光ホテル」。かつて巨額の負債を抱えていた同ホテルを僅か一年で黒字経営にし、最高益を更新し続けているのが伊牟田 均氏である。一方、日本を代表する老舗料亭の一つであり、創業185年の歴史と伝統を誇る「なだ万」。国内外33店舗、総勢600名の料理人を統括する総料理長として長年腕を振るい、今年一月、社長に就任したのが木浦信敏氏だ。ともに若い頃から高い志を持ち、活力ある組織をつくりあげ、それぞれのブランドを発展させてきた。その二人のトップリーダーのお話はまさに「生きる力」に溢れている。

現役力に挑む

森本早苗(ポーラレディ)
岩本悦子(ファッションアドバイザー・アイスホッケー選手)


PHOTO

人は積み重ねた歳月に相応しい輝きを放つ。森本早苗さんは化粧品販売で社史に残る営業実績を上げ、八十代のいまもトップグループの中で活躍中。岩本悦子さんは七十代のファッションアドバイザーにして、現役のアイスホッケー選手。いくつになっても輝き続けるお二人に、現役力の秘訣を語り合っていただいた。

超高齢社会は〝筋力〟で乗り切れ~筋力こそ生きる力の根源~

石井直方 (東京大学大学院教授)


PHOTO

超高齢社会へと突き進む日本。そこでは、日本人一人ひとりがただ長く生き永らえるだけでなく、いかに元気に天寿を全うするかが問われている。筋力の専門家で、高齢者の体力づくりに取り組む石井直方氏に、生きる力を発揮して充実した人生を謳歌する心得についてお話しいただいた。

我が国の伝統を継承する真の国際人を育てる

志道不二子 (オンリーワン幼稚舎園長)


PHOTO

神奈川県横須賀市にあるオンリーワン幼稚舎。園長の志道不二子さんは園のカリキュラムに『論語』や「教育勅語」の暗誦、「君が代」斉唱などを組み込む、独自の教育活動を展開している。志道さんはなぜこのような教育に取り組み、そのことで園児たちはどのように変わっていったのだろうか。

重光 葵~その渾身の生き方に学ぶ~

福冨健一(作家)


PHOTO

かつて重光 葵という外交官がいた。昭和の外交史上、様々な功績を残し、度重なる窮地から日本を救った人だが、戦後の占領史観の中でその存在はすっかり忘れられてきた。重光の生き方から私たちが学ぶべきものは何か。作家の福冨健一氏に語っていただいた。

我ら、八十路も溌刺と生きん~生きる力の源泉~

堀 威夫 (ホリプロ創業者)
境野勝悟 (東洋思想家)


PHOTO

横浜市にある中高一貫校の同期で、ともに八十二歳になるホリプロ創業者の堀 威夫氏と東洋思想家の境野勝悟氏。芸能プロダクションと人間教育。それぞれ歩んだ道は異なるものの、ともに一道に生き、八十路を越えて初めて見えてくる世界があると語る。二人が会して語り合うこれまでの足跡や人生の妙味。

もっと「致知」を知りたい方はこちらから

  • 致知とは?
  • 各界リーダーのコメント
  • 今月の致知
  • 読者からの声

Copyright 株式会社 致知出版社