致知出版社|人間学を探求して36年

オンラインショップ

『心に響く小さな5つの物語』感想文コンクール結果発表!

「本を読む喜び、楽しさ、感動を若い世代に伝えたい」という想いのもと、昨年に引き続き開催された『心に響く小さな5つの物語』第3回感想文コンクール。
おかげさまで、全国から518通ものご応募をいただきました。
選考結果をご案内いたします。たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

受賞者
小学生~高校生部門
  • 金賞 中村奈三なみさん(中学3年生)
  • 銀賞 沼田優和ゆうかさん(高校2年生)
  • 佳作 谷 珠希さん(中学1年生)
  • 佳作 大本美空さん(高校2年生)
  • 佳作 柴田大飛さん(高校2年生)
成人部門
  • 該当作なし

 

小学生~高校生部門

金賞 中村奈三さん(中学3年)

突然辺り一面がぼやけて見えた。目からは何か熱いものがこぼれ落ちる。
必死に堪えようと思ったがそれも無理なくらいに私の涙腺は崩壊した。……

>全文はこちらから

銀賞 沼田優和さん(高校2年生)

読み終わってまず最初に思わず小さく息をついていました。本の量はそこまで多くなく、15分程あれば読み終わるもので、ついた息は決して疲労から来るものではありませんでした。むしろ、何か行動したい、と思ってソワソワとした自分を落ち着かせる為のものだったのだと思います。……

>全文はこちらから


佳作 谷 珠希さん(中学1年生)

佳作 大本美空さん(高校2年生)

佳作 柴田大飛さん(中学2年生)


本書のご紹介

PHOTO

15分で読める感動実話『心に響く小さな5つの物語』は発行部数10万部を超えるベストセラーです。
ある少年と小学校担任教師との感動エピソードがネット上でも話題となった「縁を生かす」や、イチロー選手の原点ともいえる小学生時代の作文が紹介された「夢を実現する」など、いずれも少年少女が主役となっている実話5篇が収録されています。与えられた時間、場、環境を生かし、どのように人生を切り開いていくか。 感動の物語には人間学のエッセンスが凝縮され、読むほどに前向きに生きる勇気と英知が湧いてきます。
小学生から大人まで、あらゆる年代に感動の輪が広がっており、大切な方へのプレゼントにも大変喜ばれています。


PHOTO

「心願に生きる」「感動・笑・夢」「幸福論」「歴史創新」 「命の炎を燃やして生きる」という今回の5つの感動実話は、 さまざまな試練や苦難に見舞われながらも、 人生を切りひらいていった人物らが主人公となっている。 次々と難病に襲われた作家・三浦綾子氏、事業の失敗や 度重なる落選を経験したリンカーン、 戦争中に両足を切断せざるをえなかった禅師など、 人生を恨みたくなるような状況から立ち上がっていった 人間のリアルな生き方がそこにはある。 事の大小があるとはいえ、誰にでも、逃げたくなるような苦しい時が訪れる。 そんな時にどうするか。 本書にはそのヒントがある。 心に深く響いてくる5編に、片岡鶴太郎氏の美しい画が添えられ、 何度読み返しても、その都度新鮮な感動が得られる1冊である。

 

PAGE TOP