致知出版社|人間学を探求して35年

オンラインショップ

致知お申込み

IMG

相田みつをさんの優先順位

相田みつをさんの長男
一人さんによると
相田さんの生活には
はっきりとした
優先順位があったそうです。

相田さんについての興味深い
お話を紹介しましょう。

───────「今日の注目の人」───

☆ 相田みつをの残した言葉 ☆

相田 一人(相田みつを美術館館長)
   
※『致知』2017年5月号【最新号】
※特集「その時どう動く」P10

───────────────────

私の父は優先順位が
非常にはっきりしておりまして、
第一は書を書くことなんですね。

私が子供の頃、
父と母と私と妹の四人で
八畳一間くらいの狭い部屋を
間借りしていました。

襖一枚隔てて大家さんが住んでいて
声も筒抜けでしたから、
母は気兼ねして暮らしていたんです。

ある時、隣の土地が空いたので、
お金を何とか工面してそこを借りて
三十畳のアトリエをつくったんですね。

しかし、そこは
家族には一切使わせない。

親戚や父の友人が

「一部を区切って家族にも使わせたら」

と言ったんですけれども、
父は頑として頷きませんでした。
 
展覧会を開いて
書を売る生活でしたから、
定収入は全然ないし、
貧乏のどん底で、
母に頼り切っていたものの、
書を書くことに何よりも
重きを置いていたんです。

母がよく言っていましたけど、
もしお父さんが
家族のことを第一に思って
アトリエで一緒に暮らそう
みたいなタイプだったら、
作品は雲散霧消して
後世に残らなかったんじゃないかと。

そういう母の理解があったから……
 

※最新号は、このほかにも
 相田さんの人柄が覗われる
 エピソードが満載です。

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

致知
2017年11月号 特集「一剣を持して起つ」
「人間力メルマガ」 読者数47,000人
  • 仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!
  • メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり
  • 朝礼でのスピーチネタとしても使える!
メルマガ登録はこちら 無料
今すぐ 月刊「致知」を定期購読しませんか?
大切なあの方へ「致知ギフト」
×

Copyright 株式会社 致知出版社