致知出版社|人間学を探求して35年

2018年度新卒採用受付中

オンラインショップ

致知お申込み

IMG

宮大工棟梁の小川三夫さんが語る「伸びる人」とは?

≪こんな人が成長する≫

ν あなたの人間力をアップする ν
───────────────
致知出版社の《人間力メルマガ》 2017.9.6

宮大工棟梁の小川三夫さんは、
鬼と恐れられた西岡常一氏の弟子として
長年厳しい修業を続けられました。

その小川さんが語る、伸びる弟子に
必要なものとは何なのでしょうか。

───────「今日の注目の人」───

村上 太胤(法相宗大本山薬師寺管主)
    ×
小川 三夫(鵤工舎舎主)

※『致知』2017年10月号【創刊記念号】
※特集「自反尽己」P8

───────────────────

【小川】 
先ほど村上管主は、
理屈を言わずに修行に励む子は
吸収が早いとおっしゃいましたが、
私がいろいろな弟子を見ていても、
素直な子はやはり
伸びるような気がします。

なぜ素直な子がいいかというと、
話が直線的に入るんです。
素直でない子は屈折して入るから、
伸びるのにも時間がかかる。

それに素直だと、
教えるほうも教えられるほうも、
ともに疲れることがありません。
 
やはり素直というのはいいものですよ。
何かの問題に直面しても、
素直に物を見ていくことで
解決できることがあります。

これ以上力が出せないという時も、
素直に物に触れていくことによって、
いいものがつくれる。

【村上】 
物をつくる上でも
素直さが大事だということですね。

【小川】 
そのとおりです。
常識的に考えたら、
設計図もない時代に
薬師寺の三重塔のような建物を
建てられるなど考えられません。

屋根の相輪に取りつけられた
四枚の水煙にしても、
一枚が百キロあるんですから。
 
おそらく奈良時代の工人たちは
何にも心がとらわれることなく、
素直に物事を捉えることで、
あれだけの知恵を
生み出したのでしょう。

それを再建しようと思えば、
やはり自分を無にして
昔の工人に心を合わせることが大事です。

そうすると

「つくってやろう」

というのではなく

「自然につくり上げていく」

という感覚が分かってくる。

私はこれまでの人生の中で
この素直さということを
とても大事にしてきました。……

※小川さんの「素直さ」というのは
 ご自身の実体験に基づいています。
 小川さんはどのように西岡棟梁に
 仕えられたのでしょうか。続きは
 誌面でお読みください。

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

致知
2017年10月号 特集「自反尽己(じはんじんこ)」
「人間力メルマガ」 読者数47,000人
  • 仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!
  • メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり
  • 朝礼でのスピーチネタとしても使える!
メルマガ登録はこちら 無料
今すぐ 月刊「致知」を定期購読しませんか?
大切なあの方へ「致知ギフト」
×

Copyright 株式会社 致知出版社