致知出版社|人間学を探求して35年

オンラインショップ

致知お申込み

IMG

仕事を楽しむ工夫術

ファンクショナル・アプローチという
問題解決方法を駆使し、
10年間で2,000億円のコスト削減を実現──。
横田尚哉さんは業界屈指の
経営コンサルタントとして知られています。

そんな横田さんの若い頃の心構えとは。

───────「今日の注目の人」───

横田 尚哉(ファンクショナル・アプローチ研究所社長)

※『致知』2017年11月号【最新号】
※特集「一剣を持して起つ」P22

───────────────────

私は大学生の時、土木の分野に
力強さを感じましてね。
橋梁とかダムとか、
そういう大きな仕事に携わりたいなと。

で、土木の分野で
一番大きな会社はどこだろうと調べたら、
パシフィックコンサルタンツという
名前が挙がってきたんです。
当時はエンジニアの国家資格が
17種類ありまして、すべての
エンジニアを有していた唯一の会社が
パシフィックコンサルタンツでした。

私はそこに魅力を感じて、
入社したわけですね。
昭和62年のことです。

(中略)

とにかく最初は会社の様子が分からないので、
どうやって馴染もうかなと
いろいろ考えていましてね。

で、私の中で決めたのが
まず一番に出社しようということでした。
 
会社の鍵を開けているのは誰なのか。
聞いてみると庶務の女性が
いつも早く来ているらしい。
庶務の女性にいつも何時に
出社しているのかを尋ね、その5分前に
来て鍵を開けるようにしたんです。
 
私が鍵を開けたら勝ち、
庶務の女性が開ければ負け。
このようにゲーム感覚で捉え、
毎日を過ごすようになったんですね。

すると、30~40人くらいの部署なんですけど、
誰が何時に来るのかという行動パターンや
一人ひとりの性格が分かるようになってきた。

それと、もう一つやったのが
電話を真っ先に取るということです。
当時は電話が一人一台じゃなかったので、
誰かが取って引き継ぎをしなきゃいけないんです。

先輩は忙しいから電話を取らない。
新入社員が渋々取る。
どちらかというと電話番って嫌な役ですよね。
 
でも、私はそれをあえて誰よりも早く一番に取る、
どんな状況であろうがワンコールで
取るようにしていました。

その理由は二つあって、一つは……

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

致知
2017年11月号 特集「一剣を持して起つ」
「人間力メルマガ」 読者数47,000人
  • 仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!
  • メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり
  • 朝礼でのスピーチネタとしても使える!
メルマガ登録はこちら 無料
今すぐ 月刊「致知」を定期購読しませんか?
大切なあの方へ「致知ギフト」
×

Copyright 株式会社 致知出版社