一生歩けるお尻の鍛え方 | 人間力ブログ | 致知出版社

致知出版社|人間学を探求して35年

オンラインショップ

致知お申込み

IMG

一生歩けるお尻の鍛え方

年齢を重ねるにつれ、膝や腰の痛みに悩まされ、
思うように動けなくなる人が増えています。
では、どうすればいつまでも自分の足で
元気に歩ける方法はないものでしょうか。

実はその願いを叶える鍵を握るのが「お尻」なのです。

松尾 タカシ(ヒップアップ・アーティスト)
───────────────────
※『致知』2017年12月号
※連載「大自然と体心」P124

───────────────────

「お尻が担う3つの大切な役割」

人間の筋肉は大まかに、
推進筋という身体を動かすために使う筋肉と、
抗重力筋という身体を真っ直ぐに立たせる筋肉の
二つに分類できます。

お尻の筋肉は坑重力筋であり、
お尻が弱くなると真っ直ぐ立つことが難しく、姿勢が悪くなります。

お年寄りに背中の丸い人や、
足が前に出ず歩幅の狭い人が多いのはそのためです。

若い人でも、猫背であったり、乗り物ですぐに座りたがる人は、
お尻の筋肉がかなり弱っている可能性が高く、要注意です。

また、お尻の筋肉は、歩く時の地面からの衝撃と
上半身の重さを吸収して和らげているため、
お尻が弱くなるとその負担がすべて関節にかかってきます。

歩く時にかかる負荷は私たちが考えている以上に大きく、
例えば股関節には体重の3倍、
50キロの人であれば150キロの負担がかかるため、
お尻が弱って衝撃を吸収できなくなると、
膝や腰などの関節に負荷がかかるようになり、
膝痛や腰痛が起きてしまいます。

さらに、お尻の筋肉が衰えると
身体のバランスを取る力も損なわれていきます。

直立した状態から片膝を水平に上げ、
一分間キープできる人はお尻の筋肉がしっかりしており、
何歳になっても歩けます。

けれどもお尻が衰えてバランス能力が低下すると、
ちょっとした段差に引っかかって転倒するようになり、
寝たきりになるリスクが高まるのです。

このようにお尻の筋肉には、身体を真っ直ぐに立て、
関節の負担を軽減し、バランス能力を維持する重要な役目があり、
お尻のスイッチを入れることが、元気に活動する鍵となるのです。

───────────────────
『致知』の定期購読はこちら!
───────────────────
・まずは気軽に1年購読から 
 10,300円(1冊あたり858円)
・3年講読のコースもあります

毎日 配信中!「人間力メルマガ」

人間学を学ぶ「致知」のエッセンスをギュッと凝縮 読者数47,000人!!

特典1仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!

特典2メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり

特典3朝礼でのスピーチネタとして使える!

メルマガ配信の登録はこちら

携帯電話やスマートフォンのメールアドレスで登録をされる方は、「@chichi.co.jp」からのメールの受信ができるよう設定してください。 >設定方法はこちら

致知
2017年12月号 特集「遊」
「人間力メルマガ」 読者数47,000人
  • 仕事や人生に役立つ記事が無料で読める!
  • メルマガ会員限定のプレゼント企画もあり
  • 朝礼でのスピーチネタとしても使える!
メルマガ登録はこちら 無料
今すぐ 月刊「致知」を定期購読しませんか?
大切なあの方へ「致知ギフト」
×

Copyright 株式会社 致知出版社